『トットちゃん!』ヒロイン・清野菜名、黒柳徹子との不思議な縁

『トットちゃん!』ヒロイン・清野菜名、黒柳徹子との不思議な縁

10月スタートの『トットちゃん!』で黒柳徹子役を演じる清野菜名(左)と黒柳徹子(右)が対面。黒柳は「佇まいがとても私に似ていますね」と太鼓判(C)テレビ朝日

 テレビ朝日系で10月からスタートする帯ドラマ劇場の第2弾『トットちゃん!』で、15歳以降の黒柳徹子役に女優の清野菜名(22)が抜てきされた。

 清野は2007年、ティーン誌のモデルとして芸能活動をスタート。14年公開の映画『TOKYO TRIBE』でヒロインに抜てきされ、『東京無国籍少女』(15年)で映画初主演。放送中の帯ドラマ劇場第1弾『やすらぎの郷』にも出演しており、主人公・菊村栄(石坂浩二)がかつて思いを寄せた女優の孫・榊原アザミ役を熱演。その透明感とさわやかな演技がプロデューサー陣の目に留まった。

 「やすらぎの郷のオーディションで初めてお会いしたその日、倉本聰先生が『この子が良いね…』とお話しされている横で、『この人だ!』と、僕の頭には玉ねぎ頭の清野さんが浮かんでおりました」と、服部宣之プロデューサー(テレビ朝日)。

 清野は7月下旬から撮影に入り、1週間ほど経ったタイミングで『徹子の部屋』の収録スタジオを訪ね、黒柳本人と対面。その際、清野はタマネギヘアで“徹子スタイル”になりきった。黒柳が「スタジオに入っていらしたとき、“私だ!”と思いました。本当にビックリしました」と仰天したほど、黒柳にそっくりだった。

 実はこの日、清野が着用していたのは、黒柳が若かりし頃、実際に使用した衣装で、バッグや靴まですべて黒柳の私物。

 清野も「今回、黒柳さんの衣装を身に着けて同じ髪型をしてみたら…『あ! 徹子さんがここにいる!』と自分で思ってしまいました。まるで一瞬、憑依したような…。徹子さんの衣装はすべて徹子さんのスタイルに合わせて手作りされたものとお聞きしていますが、着てみたらすべてジャストサイズで足のサイズもピッタリ。そこに、とても不思議な縁を感じました」と感激もひとしおだった。

 ドラマ本編では黒柳が実際に身に着けたファッションが多々、提供されることになっており、「これからも徹子さんが実際に着ていらしたものをお借りすると思うと、背筋がピンと伸びる思いです」と清野。

 不思議な縁はそれだけではない。前出の服部プロデューサーが明かす。「今から1年ほど前、清野さんの担当マネージャーさんに、このトットちゃんのオファーをしたその日、品川駅の新幹線ホームで清野さんは生まれてはじめて徹子さんにバッタリお会いされたそうです。まさに運命。徹子さんと清野さんを結ぶ赤い糸が、このドラマを日本中から愛される存在へと導いてくれると信じております」。

■放送情報
『トットちゃん!』10月スタート
テレビ朝日:月〜金 後0:30〜0:50
BS朝日(再放送):月〜金 前7:40〜8:00

関連記事(外部サイト)