『聖闘士星矢』Netflixで再アニメ化

『聖闘士星矢』Netflixで再アニメ化

『聖闘士星矢』Netflixで再アニメ化(C)Masami Kurumada/ Toei Animation

 車田正美氏の漫画原作『聖闘士星矢』が、Netflixのオリジナルアニメシリーズとしてリメイクされることが2日、発表された。

 1985年12月〜1990年11月に『週刊少年ジャンプ』(集英社)にて連載され、ギリシア神話に由来したファンタジックな設定や星座をモチーフにした聖衣(クロス)が少年少女の心をつかみ、漫画連載から9ヶ月後という当時としては異例の早さでテレビアニメ化され、人気を博した名作。その人気は海外にも広がり、テレビアニメはフランスやイタリア、ブラジルなど世界80ヶ国以上で放映され、今なお不動の人気を誇る。

 Netflixオリジナル『Knights of the Zodiac:聖闘士星矢』は、女神アテナを守るために聖闘士と呼ばれる戦士となって闘う少年・星矢の成長と冒険、ポセイドン、ハーデスといった神々と戦っていくまでの壮大なバトルを描く。第1シーズン(12話)は「銀河戦争篇」から「白銀聖闘士篇」まで。アニメーション制作は、東映アニメーション。

 監督は芦野芳晴氏、ストーリー作りはディズニーのテレビアニメ『アベンジャーズ・アッセンブル』を手掛けたスタッフが参加。キャラクターデザインは西位輝実氏、聖衣デザインは岡崎能士氏が担当する。

 この日、都内で開催されたNetflixのアニメ及び関連作品のラインナップ発表を行うイベント『Netflixアニメストレート2017』でキーアートが解禁された際は、司会を務めていた吉田尚記アナウンサー(ニッポン放送)が「これ? ホントだ、星矢だ。MASAMI KURUMADAと書いてある」と、驚きの声を上げたほど。

「少年たちが憧れる物語であると同時に、美少年たちが戦うということで女性人気も高い作品だった。ラブストーリー要素も出てきそう。1986年にアニメ化された時に将来こうなるとは思っていなかったと思う」と、新たに生まれ変わる『聖闘士星矢』に期待を寄せていた。

関連記事(外部サイト)