吉沢亮、内田理央&山田裕貴らの中学生シーンを「無理あるよね(笑)」とバッサリ 『トモダチゲーム 劇場版FINAL』完成披露イベント

吉沢亮、内田理央&山田裕貴らの中学生シーンを「無理あるよね(笑)」とバッサリ 『トモダチゲーム 劇場版FINAL』完成披露イベント

『トモダチゲーム 劇場版FINAL』完成披露イベントに登壇した(左から)永江二朗監督、根本凪、山田裕貴、吉沢亮、内田理央、大倉士門(C)Deview

 9月2日に公開される『トモダチゲーム 劇場版FINAL』の完成披露試写イベントが3日、東京・ユナイテッド・シネマ豊洲にて開催され、吉沢亮、内田理央、山田裕貴、大倉士門、根本凪、永江二朗監督が舞台挨拶に登壇。

 原作:山口ミコト、作画:佐藤友生による人気漫画を実写化した本作は、仲の良い高校生グループが多額の借金返済ゲームに巻き込まれ、疑心暗鬼の心理戦と頭脳プレーを駆使して挑戦していくスリルにあふれた物語。4月にテレビドラマ版が放送され、6月には第一弾の劇場版が公開された。今回の『劇場版FINAL』では、主人公の友一(吉沢)らが、危険なゲームを商売にしている“トモダチゲーム”の運営サイドを潰すため、最終ゲーム“友情かくれんぼ”に挑む姿を描く。

 吉沢は「ついにファイナルですね。観ていただける日が来たということで、とてもドキドキしています」と挨拶。シリーズ完結編が完成したことに関して「ドラマ版、第一弾の劇場版、それ以上に面白い作品になっていると思います。みんなで頑張っていいものを作れたという実感がすごくあるので、早くみなさんがどう感じたのか意見が聞きたいです」と想いを打ち明ける。山田も「今日、ひと足早くみなさんに観ていただけるということで、すごく嬉しいです。でも、これがFINALということで、ちょっと寂しい気持ちもあります」と正直な想いを語っていた。

 自身が演じた友一について吉沢は「すごく頭が切れるというか、普通の人間が想像つかないことを平気でやってのけるような男」と説明しながら、「友達想いの部分もありつつ、平気で友達を裏切ったりする部分もある。でも、裏切ったり蹴落としたりしつつも、結果、友達を救う方向に持っていく、ダークヒーロー的な要素があって、僕はカッコイイなって思いながらやっていました」とコメント。

 内田は「先日観させていただきましたが、めちゃめちゃ面白かったです」と本編の感想を述べ、「とにかく“友情かくれんぼ”の吉沢くんと山田くんがヤバかった! 吉沢くんのゲス顔もめっちゃカッコ良かった!」と絶賛。吉沢と山田からは「新たな言葉を生んだね(笑)」と突っ込まれつつも、「みなんさん、本当にそう思うと思います!」と断言。根本も「私も観させていただきましたが、素晴らしかったです!」と山田の目を見みながら感想を語ると、山田は「すごい眼差しでみてくれて(笑)。ありがとう」とニッコリ。さらに、根本は、吉沢が演じる友一と山田が演じる天智について「前回のキスから始まって、そこから今回の関係性がまた萌えるので…」と熱弁し、山田がすかさず「そういうお話じゃないでしょ!?」とツッコミ、笑いを誘う。

 その“友情かくれんぼ”のシーンは、真冬の森で撮影を行ったそうで、吉沢と山田は「クソ寒かった」と口をそろえる。さらに吉沢が「しかも、真冬なのにカマドウマっていうけっこうヤバめの虫がいた」と明かすと、隣で山田が「こんな感じの虫」と体を使って表現し、場内を沸かせる。過酷な撮影だったものの映画にはいい効果を生んだそうで、吉沢は「寒さもそうですが、朝から晩までという過酷なスケジュールで、わりと常に極限な状態で撮影していたので、それが逆に絵に出てよかった」と振り返った。

 同撮影に参加してない内田が、そんな二人に対して「森の空気はどうでした?」と素朴な疑問をぶつけると、吉沢が「森の空気はすごく澄んでいて、美味しかったよ」と真面目に答えるなか、山田はおもわず「本当にソレ、気になってる?(笑)。聞くことがないからじゃないの?『トモダチゲーム』の中身の話は?」とクレームを入れつつ、場を盛り上げる。

 大倉からは「初めて会ったとき、“こいつのここ無理かもしれん”って思ったりしなかった?」と質問されると、吉沢と山田は「全然なかった」と即答。吉沢が「ビックリするくらい、いい感じだった」と語ると、山田も「マネージャーさんに、亮と芝居やりやすいって言っていたら、亮もマネージャーさんにそんな話しをしていて」と明かし、「撮影中にどんどん俺のことを嫌いになっていった士門とは違う!」と発言。

 大倉は「ちゃうちゃうちゃう!! ちゃいまっせ!」と必死に否定しつつ、「逆に俺が裕貴くんに嫌われてると思ってたんです。だから、ガチで理央ちゃんに『俺の直したほうが良いところどこですか?』って相談した」と告白。すると、山田は「それ、ドラマ版でも(第一弾の)劇場版の挨拶でも言ってるからね!俺を陥れようとしてる!!(笑)」と不満をもらし、大倉は「そのくらい引きずってたんですよ〜」と訴えていた。

 また、本作では吉沢以外の4人が、回想シーンで中学生時代を演じているという。本編を見た吉沢は「まあ、無理あるよね(笑)」と正直な想いを語り、「高校生って意外といけるけど、中学生と高校生の狭間って、そうとうな成長があるから、普通に考えて中学生って、無理じゃない?」とバッサリ。内田が「観ていてキツかった」と苦笑いし、山田も「俺らは年上組みでアラサーだからね」と同調すると、「さっきも直前まで傷の舐めあいをしていた」(内田)と明かす。そして「“だーりお”は、大人っぽい色気が出ちゃってるんだよ」(山田)、「山田くんもね、おとな……」(内田)、「いや、出して言葉を!!」(山田)と、絶妙な掛け合いをみせ、爆笑をさらっていた。

 最後の挨拶で、吉沢は「これまでの『トモダチゲーム』をはるかに超える面白さになっています。ゲーム性もそうですが、ここにいる仲良し5人組の友情も改めて感じていただけると思います。面白いなと思ったら、ネタバレしない程度に“面白かった”と広めていただき、みなさんと一緒にこの作品を盛り上げていけたら嬉しいです」と笑顔でコメント。内田が「ずっと裏切り者が誰か、みんなでいろいろとゲームを進めてきましたが、それが一番最後で明らかになります。なので、最後まで瞬きせずにご覧ください!」とアピールすると、大倉が「無理でしょ、絶対!!(笑)」と突っ込むなか、吉沢は「3回までだったらOK!」と無理難題を突きつける。

 SNSで感想を共有したいという大倉は「みなさんの反応も知りたいから、『#トモダチゲーム初日』ってつけて書いてほしい」と呼びかけるも、吉沢と山田から「今日は初日ではないから。完成披露だから」と鋭いツッコミ。「そんな二人で怒らなくてもいいじゃないですか!!」とタジタジになりつつ、「じゃあ、『#トモゲー完成披露』みたいな感じで書いてもらえたら」と呼びかけた。

 終始笑いの絶えない舞台挨拶で、息ピッタリの掛け合いをみせ盛り上げていたキャスト陣。永江監督は「このチームだけで舞台挨拶するの初めてですが、出てくる前に、“あぁ、この5人と一緒に作ったんだな”って、一人で感動していました。本当に素晴らしいチームワークで盛り上げてくれたので、そういうところも観てもらえたら」とアピールしていた。

『トモダチゲーム 劇場版 FINAL』は、9月2日よりシネ・リーブル池袋ほか全国順次ロードショー。

関連記事(外部サイト)