夏の風物詩『怪談グランプリ』 稲川淳二が「過去最高レベル」と太鼓判

夏の風物詩『怪談グランプリ』 稲川淳二が「過去最高レベル」と太鼓判

カンテレ夏の風物詩『稲川淳二の怪談グランプリ2017』8月6日深夜放送(C)関西テレビ

 関西テレビの夏の風物詩『稲川淳二の怪談グランプリ2017』が6日(深1:00〜2:15※関西ローカル)に放送される。まことしやかにささやかれる“幽霊話”。世間を騒がせ続ける“都市伝説”。はたまた、起こるはずのない“怪奇現象”など…。北海道から九州まで全国各地から怪談師8人が集結。その土地ならではの怪談を披露し、トーナメント形式で“最恐怪談”を決定する。

 まずは東日本ブロックと西日本ブロックに分かれ、それぞれのブロック内で決勝に勝ち上がる怪談師を、稲川淳二、葉加瀬マイ、増田英彦(ますだおかだ)、山口敏太郎、三木大雲住職ら審査員が多数決で決定。その後、両ブロックの代表者が、決勝のために用意した特別な怪談を披露し、優勝者を決める。

 今回の怪談の特徴は、ご当地ならではの特色が盛り込まれていること。北海道代表の怪談師・志月かなでは“毛無山”という北海道に実在する場所で自身の友人に起きた怪談を、そのほかにも東北代表の怪談師・黒木あるじは東北で有名な“即身仏”に関する怪談を披露する。実在する場所やものに関する怪談ならではのリアルな恐怖が感じられるとともに、その場所を訪ねてみたい気持ちになるような絶妙な語り口を味わえる。審査員の山口も「方言を上手に使っていて、地方色がでていた。いろんな味付けの料理を食べた感じ」と話し、怪談師のレベルの高さを評価した。

 さらに、収録中に突然、審査員の三木住職が「霊のにおいがする」と言い始めると、葉加瀬も「塩を胸元に入れてきたんですけど、ゾクゾクしちゃいましたね」と何かを感じた様子。『怪談グランプリ』恒例の“心霊現象”が今年も起こってしまうのか? 今回の映像はすべて4Kカメラで収録。見えないはずのものが見えてしまうかも…。

 番組初登場の怪談師も多く、「選び抜かれた人が登場している。間違いなく過去最高レベル」と、稲川と司会の岡田圭右(ますだおかだ)も太鼓判を押す。果たして見事優勝し“最恐怪談師”の称号を手に入れるのは誰なのか。

関連記事(外部サイト)