生駒里奈、宇宙飛行士・毛利衛氏との対面に感激「毛利さんと会える人生にビックリ」

生駒里奈、宇宙飛行士・毛利衛氏との対面に感激「毛利さんと会える人生にビックリ」

毛利衛氏(右)の絶賛に照れていた乃木坂46・生駒里奈 (C)ORICON NewS inc.

 人気アイドルグループ・乃木坂46の生駒里奈が9日、都内で行われた初主演舞台『モマの火星探検記』公開ゲネプロ後の囲み取材に出席。この日、原作者で宇宙飛行士の毛利衛氏と初対面を果たした生駒は「私、宇宙飛行士の毛利さんと会える人生なんだってビックリしました。それくらい偉大な存在です」と独特の例えで喜びを表現した。

 一方の毛利氏は「テレビで目立つ方だったので、もちろん存在は知っていましたが、初めてお会いすると『あーこれがアイドルという人なんだ』っていうことがわかりました」としみじみ。「黙っていても色彩が、光が発している。すごく素直だし、自分の生き方に一生懸命なので、すばらしいなと思いました」と絶賛された生駒は「どうしましょう? ちょっと、一字一句ちゃんと覚えて帰ります」と照れ笑いを浮かべた。

 また「アイドルと宇宙飛行士の共通点は?」との質問には、毛利氏が「多くの人に期待され、支えられているというのは似ていると思います。自分も日本代表として(宇宙へ)行った時はすごく重たかったです。でも、それが励みになるし、やりがいにもなるっていうのは似ていると思いますね」と力説。生駒は「その通りっていうのはおこがましいですが(乃木坂の)みんなに『毛利さんが、言っていたぞ。頑張ろうぜ』と言いたいです」と笑顔を見せていた。

 同作は、毛利氏が書いた児童文学「モマの火星探検記」が原作で、劇団・少年社中と東映が製作およびプロデュース。父との約束を果たすために人類初の火星探検に挑む「モマ」、宇宙で行方不明になった父親にメッセージを送ろうとロケットを作る「ユーリ」、それぞれのストーリーを通して「宇宙とは何か?」を解き明かしていく。

 囲み取材にはそのほか、脚本・演出を手がける毛利亘宏氏、矢崎広も出席。きょう9日から13日まで東京・天王洲 銀河劇場、19日と20日に大阪・サンケイホールブリーゼにて上演される。

関連記事(外部サイト)