桑田佳祐が新CMで“悲哀溢れる”サラリーマン役を熱演

桑田佳祐が新CMで“悲哀溢れる”サラリーマン役を熱演

WOWOWの新CMで“悲哀溢れる”サラリーマン役を熱演する桑田佳祐

 歌手の桑田佳祐がWOWOWの新CMに出演し、“悲哀溢れる”サラリーマン役を演じていることが9日、わかった。今作で桑田は、定年間近のしがないサラリーマンに扮し、終電に揺られる様やお気に入りの女性がいるカラオケスナックでほろ酔い気分になる様子など、コミカルかつリアルな演技を披露。男性諸氏からは思わず「ある、ある!」という声が聞こえてきそうな完成度となっている。

 今CMで桑田が扮するサラリーマンは、60歳で定年するか、役職を解かれて65歳まで働くかの決断を迫られ、“ようやく大学生になった子供が就職するまでは!”と65歳まで働くことを決意したばかり。久しぶりにお気に入りの“あの娘”がいるカラオケスナックで、いい気分で飲みすぎ、中途半端に口説いたがあっさりいなされ終電で帰宅途中……という、なんともサラリーマンにとっては身につまされる光景を見事に演じ切っている。

 8月23日に約6年半ぶりのオリジナルアルバム『がらくた』を発売する桑田だが、今回出演する新CMには同アルバム収録の新曲「愛のささくれ〜Nobody loves me」が起用。下心でいっぱいなのに、結局お目当ての彼女を口説き落とせなかった情けない男子の“性”を描いた同曲は、今CMの世界観にもピッタリ。それもそのはず、もともと「愛のささくれ〜」にインスパイアを受けてCMのコンセプトが生まれたというから合点がいく。こうして、渾身の新曲が桑田自身の演技に華を添える結果となった。

 また、同CMにはある秘密の仕掛けが施されているのだが、WOWOW桑田佳祐特設サイトにいけば、そのヒントを得ることが可能。さらに同局では『桑田佳祐と『がらくた』 〜ソロ30年目の衝動〜』と題した特別番組を9月23日(土)に放送。ニューアルバム『がらくた』の内容や楽曲紹介を中心に2017年前半の活動など、“ソロ30年目の衝動”を目撃することが出来る。

関連記事(外部サイト)