菊川怜『とくダネ!』9月卒業を生報告「30代の私の基盤でした」 2012年7月MC就任

菊川怜『とくダネ!』9月卒業を生報告「30代の私の基盤でした」 2012年7月MC就任

『とくダネ!』卒業を発表した女優の菊川怜 (C)ORICON NewS inc.

 女優でキャスターの菊川怜(39)が10日、MCを務めるフジテレビ系朝の情報番組『情報プレゼンター とくダネ!』に生出演し、9月いっぱいで番組を卒業することを発表した。2012年7月のMC就任以来、5年以上も務めてきた朝の顔を卒業し、新たなステージを進む。

 菊川はこの日の番組エンディングで「9月いっぱいで『とくダネ!』を卒業することになりました。振り返ると5年3ヶ月だったんですけど、その時間を『とくダネ!』と一緒に過ごさせていただきました。30代振り返っても『とくダネ!』が私の基盤にありました」と報告。

「今まで応援してくださった視聴者の皆さん、小倉(智昭)さんをはじめとする番組関係者の皆様には、今まで支えていただいて感謝の気持ちでいっぱいです。卒業は寂しくもあるんですけれど、新たなスタートラインに立つつもりで今後もいろいろなことにチャレンジしていきたいと思っています」と語った。

 小倉は「5年3ヶ月で卒業メッセージが一番うまく伝えられたね」とツッコミをいれつつ、「怜ちゃんが初めてきた時、どうしようかなと思った。頭のいい人だってわかってたけど、一緒に司会をやってどういう風に怜ちゃんをイジっていけばいいのかな、と。でも最後に気づくと自分がイジられてた」とこれまでを回想。最後は「私をギャフンと言わせてください」とエールを送った。

 菊川は今年4月に実業家の穐田誉輝(あきた・よしてる)氏(48)との結婚を同番組で発表。くす玉を用意され、メインキャスターの小倉智昭から花束を受け取ると、涙を流して感謝した。

 東京大学工学部建築学科出身の菊川は、20歳でモデルデビュー以来、女優業をメインにバラエティーやドキュメンタリーなどさまざまジャンルで活躍。2002年10月〜09年9月に『真相報道 バンキシャ!』(日本テレビ)キャスターを経て、2012年7月2日より『とくダネ!』MCに就任した。

関連記事(外部サイト)