Kis-My-Ft2が横浜公演を開催、初の360度ステージで「7周年の第一歩」

Kis-My-Ft2が横浜公演を開催、初の360度ステージで「7周年の第一歩」

今回のツアーではメンバーが1曲ずつアルバム曲をプロデュースした。

 人気グループ・Kis-My-Ft2が13日、神奈川・横浜アリーナで『Kis-My-Ft2 LIVE TOUR 2017 MUSIC COLOSSEUM』を開催した。10日に6周年を迎えたキスマイにとって、今回は4年ぶりのアリーナツアー。9都市31公演を行う同ツアーで、デビューからの動員数250万人を突破することとなった。

 『MUSIC COLOSSEUM』というタイトルにちなみ、デビュー後初となる360度ステージを採用した今回。冒頭の曲「EXPLODE」で闘いを前にした力強いダンスを見せたほか、「VersuS」ではメンバーが兄組(北山宏光、藤ヶ谷太輔、横尾渉)・弟組(玉森裕太、宮田俊哉、二階堂高嗣、千賀健永)に分かれ、和と洋をイメージしたバトルを展開。開演前の囲み取材で藤ヶ谷が「ギラオラ(ギラギラでオラオラ)な感じが出ている」と語ったとおり、キスマイならではのパワーみなぎるステージを全方位で見せた。

 一方、「君のいる世界」「キミとのキセキ」では、結婚式をテーマに6.7メートルの白マントを羽織ったメンバーが登場。一人ひとりがプロポーズの言葉を述べる場面も。また「One Kiss」では、ステージ上で空中浮遊して歩くパフォーマンス、キスマイエアウォーカーを披露し、観客を不思議な世界へと誘った。

 中盤には、玉森がヒーロー風の“たまっち”、北山がギャル男風の“渋ミツ”、藤ヶ谷が被り物をしたキャラ“たいピーチ”になるなど、全員がキャラクターに扮して登場。客席との近い距離感を生かして“かくれんぼ”を行い、会場を巻き込んでおおいに楽しませた。

 ジャニーズJr.時代から歌い続けられる「FIRE BEAT」やデビュー曲「Everybody Go」、そして最新ヒット曲「PICK IT UP」まで、硬軟取り混ぜた魅力が発揮された今回のコンサート。北山が最後に、「6周年、そして7周年の第一歩。これからもみなさんよろしくお願いします」とあいさつし、「Thank youじゃん!」で観客に感謝のメッセージを送った。

 5月からスタートした本ツアーは、35万人を動員。27日の宮城・セキスイハイムスーパーアリーナでファイナルを迎える。

関連記事(外部サイト)