【W杯アジア最終予選】日本が豪州に勝ちW杯出場決定 最高視聴率は勝利の瞬間の35.0%

記事まとめ

  • W杯アジア最終予選の豪州戦で、ハリルホジッチ監督は本田圭佑や香川真司を温存した
  • 浅野拓磨や井手口陽介を先発で起用する采配が功を奏し、豪州に勝ってW杯出場を決めた
  • 毎分視聴率の最高値は試合終了のホイッスルが鳴った勝利の瞬間の35.0%だった

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております