玉木宏、重厚な作品続き今後は「振り幅広く偏らず」

玉木宏、重厚な作品続き今後は「振り幅広く偏らず」

10月4日放送のテレビ東京系社会派ドラマ第二弾『ドラマ特別企画 巨悪は眠らせない 特捜検事の標的』 (C)テレビ東京

 俳優・玉木宏が東京地検特捜部の検事・冨永真一を演じるテレビ東京系社会派ドラマ第二弾『ドラマ特別企画 巨悪は眠らせない 特捜検事の標的』が10月4日午後9時から放送される。前作から1年で同役にカムバックした玉木だが「わりと硬い役が続いているので、同じ物が続くと全く逆の方にいきたくなる。とはいえ、作品ありきなので、振り幅広く偏らずにできたらいいな」と今後の展望について語った。

 昨年、同局の六本木3丁目移転プロジェクトとして制作された『巨悪は眠らせない 特捜検事の逆襲』の続編。作家・真山仁氏の原作『標的』(文藝春秋刊)をもとに日本初の女性総理候補の贈収賄疑惑を追う冨永の姿を描きながら現在日本が実際に抱える“介護・高齢化問題”を向き合った意欲作。テーマは「正義と正義のぶつかりあい」。特捜検事は法律を武器に、国会議員は国益を守ることを武器にそれぞれが信じる正義を貫く。

 「前回やった時、また翌年に続編がつくられると思ってなかったので、すっかり忘れてたんですけど(笑)。前作を見返すこともなく、継続して出演してくれる方と現場でお話すれば、空気も取り戻せると思っていました。対峙する人や事件も変われば、僕らも成長しているので前回を意図的に継承することはないのかなとは思ってましたね。成長した姿をみせられるようにと心がけていました」と新たな気持ちで現場に臨んだそう。

 自身が演じる富永の印象については「非常に真っ直ぐな男で悪く言えば、頑固でもある。ぶれないし弱音もみせない。自分が信じた正義を確固たる証拠を求めて突き進んでいく姿は演じながらも同世代として頼もしい」と感心。演じる上では「証拠は突きつけつつ、ご本人の心に寄り添う取り調べを心に置きつつやってました」とこだわりを明かす。

 玉木が追い詰めることとなる厚生労働大臣で女性総理候補・越村みやび役の名取裕子には初共演。対峙する役どころだが「すごくお話し好きで現場にもフルーツだったりを差し入れしてくだったり非常にたくさん優しくしていただいた。僕だけではなくスタッフやキャスト、監督にも。たくさんの現場を経験されてきた方なので頼りがいのある先輩でした」と尊敬の眼差しを向けた。

 高齢化社会という現代に通ずるテーマには「重いかもしれないけど今がそういうことを考えなければいけない世の中。すごくやりがいのあることだと感じます」と使命感を燃やす。「僕が演じる検事、名取さんが演じる政治家、勝地涼くんが演じた記者、それぞれが正義を持ってその場にいる。そのぶつかりあいがみどころです。なにが正義なのか。それぞれの立ち位置に妥協がない。だからこそぶつかる。そして富永としては前作から時間が経ち、どれだけ成長して凛とした佇まいでそこに立っているか、そんな姿をみていただければ」と力を込めていた。

関連記事(外部サイト)