乃木坂46西野七瀬、銀座の人気店で制服コスプレ七変化「ふだんとは違う自分に切り替わる瞬間が好き」

乃木坂46西野七瀬、銀座の人気店で制服コスプレ七変化「ふだんとは違う自分に切り替わる瞬間が好き」

『Hanako』1142号(9月21日発売) に登場する乃木坂46・西野七瀬。資生堂パーラー サロン・ド・カフェにて。

 乃木坂46のメンバー西野七瀬、齋藤飛鳥、白石麻衣が、情報誌『Hanako(ハナコ)』(マガジンハウス刊)9月21日発売の1142号から3号連続で登場。来年30周年を迎える『Hanako』の人気エリア特集の表紙と巻頭を飾る。

 約30年にわたって東京をテーマに特集をつくりつづけてきた雑誌『Hanako』が乃木坂46とコラボする3号連続企画「Hanako×乃木坂46 Cheers Tokyo!Project」。9月21日発売号の第1弾『夢見る銀座!』特集では、西野七瀬が「資生堂パーラー」や「ビヤホールライオン」、GINZA SIX内「銀座大食堂」といった人気店の店員の制服をまとって“七変化”を見せる。

 なかには銀座4丁目の老舗書店「教文館」でメガネをかけたエプロン姿の書店員姿や銀座のサロン「サロン・ド・慎太郎」で和服姿のママに扮するなど、レアなコスプレも観ることが出来る。また今回の企画を記念し、7種類の特大ポスターが東京メトロ11駅と東急渋谷駅にランダムに掲出される。どの駅にどの姿の西野が登場するかは現地で確認してほしい。

 西野は、特集企画に出演した感想について「お芝居するときやステージに上がるとき、ふだんとは違う自分に切り替わる瞬間が好きなので、今回の撮影では銀座のいろいろなお店の職業に挑戦できて楽しかったです」とコメント。

 銀座の印象について「銀座は高級な店が多くて、近寄りがたい印象があったけど、ときには背伸びすることも大事かも。この街に似合う女性になりたいって頑張れるから」と語り、「資生堂パーラー サロン・ド・カフェ」の撮影後にストロベリーパフェを味見して「甘いものはあまり食べないんですけど、これは別格のおいしさ。どうしよう。やめられないです(笑)」とご褒美に舌鼓を打った。

 また「教文館」での撮影時には大好きな絵本を見つけ「『バムとケロ』シリーズの絵本はおいしそうなおやつとか部屋の小物とか細かいところも丁寧に描かれていて、飽きないんです。銀座で再会できるなんて。嬉しいな」と自然と笑顔がこぼれていた。

 なお10月5日発売・1143号「自由が丘」特集には齋藤飛鳥が登場。等身大の齋藤が登場する仕掛けページも予定されている。続く10月19日発売・1144号「浅草」特集に登場するのは白石麻衣。江戸や明治・大正の古き良き浅草へタイムスリップした白石の姿を観ることが出来る。

関連記事(外部サイト)