新垣結衣、“ゾーン入った”卓球シーン 共演者が絶賛「あの頑張りすごかった」

新垣結衣、“ゾーン入った”卓球シーン 共演者が絶賛「あの頑張りすごかった」

映画『ミックス。』完成記念イベントに出席した新垣結衣 (C)ORICON NewS inc.

 女優の新垣結衣が20日、都内で行われた映画『ミックス。』(10月21日公開)完成記念イベントに出席。卓球の男女混合ダブルスを描く同作で、練習を重ねて撮影に臨んだ新垣と瑛太は「楽しかったです」と笑顔。共演の広末涼子は「お2人は『楽しかった』ですって言っていて、えらいなって思います。楽しいことばっかりじゃ絶対なかった。クライマックスは4日間ずっと試合のシーンを撮り続けていたので、相当な筋肉痛と疲労だったと思うけれど、やりきったことがこの映画の肝になっていると思う」とねぎらった。

 遠藤憲一も「結衣ちゃんは普段淡々としているけれど、最後のあの頑張りすごかった」と絶賛。新垣は「最初は頭で考えて動いていたけれど、クライマックスのシーンは途中から気持ちで打っている感じ。飛んでいっているような、ゾーンに入っているような。大変だったけれど、楽屋に戻る度に皆さんがねぎらってくれて、置き手紙をしてくれたり。支えてくれてありがとうございました」と改めて感謝を伝えた。

 同作は、フジテレビ系ドラマ『リーガルハイ』、『デート〜恋とはどんなものかしら〜』の古沢良太氏が脚本を手がけ、失恋して職も失った富田多満子(新垣)が、落ちぶれた元ボクサー・萩原久(瑛太)と男女混合ダブルスペア=「ミックス」を結成し、卓球を通して人生に向き合う様が描かれる。

 そのほか、瀬戸康史、永野芽郁、佐野勇斗、森崎博之、中村アン、トレンディエンジェルの斎藤司、鈴木福、谷花音、石川淳一監督が出席。イベントには観客1000人が集まり、会場は熱気に包まれた。

関連記事(外部サイト)