ナイツ「漫才の衰退はダウンタウンのせい」本人相手に嘆き節

ナイツ「漫才の衰退はダウンタウンのせい」本人相手に嘆き節

22日放送のフジテレビ系『ダウンタウンなう』にナイツが出演(C)フジテレビ

 お笑いコンビ・ナイツが22日放送のフジテレビ系バラエティー『ダウンタウンなう』(毎週金曜 9:55)に出演。ダウンタウン(浜田雅功、松本人志)と坂上忍の3人がゲストたちとお酒を飲みながら本音で語り合う企画『本音でハシゴ酒』に登場した2人は、「漫才の衰退はダウンタウンのせいだ」と、漫才師の伝統が変わってきてしまっていることを本人たち相手にぶっちゃける。

 ナイツの嘆き節は止まらず、浅草漫才で熟年解散が相次いでいることやネタ見せでの愚痴を語ると、松本と意気投合したかにみえたが…。さらにその場にナイツにとって浅草漫才の師匠が登場し、ネタをお披露目することに。果たして、その結果はいかに。

 この他のゲストとして俳優・勝地涼と歌手・長山洋子も参加。1軒目のゲストである勝地は俳優仲間と酔ってケンカしたことや、仲良しの鈴木亮平から11歳年上の俳優との熱すぎるケンカのエピソードも暴露。松本が「不良だったの?」と質問すると、勝地は高校時代のやんちゃなしぐさをその場で再現。好きな女性のタイプの話題や女性の口説き方なども披露する。

 アイドル歌手としても演歌歌手としても大ヒットをとばした長山は、もともとは演歌歌手としてデビュー予定だった長山だが、アイドルとしてデビューすることになった経緯を告白。また長山が毎年一緒にコンサートで共演している、細川たかしの生え際の真相も明かす。

関連記事(外部サイト)