乃木坂46、映画初日のサプライズに涙 なぎなた指導者と再会

乃木坂46、映画初日のサプライズに涙 なぎなた指導者と再会

(左から)生田絵梨花、富田望生、伊藤万理華、白石麻衣、西野七瀬、桜井玲香、松村沙友理 (C)ORICON NewS inc.

 人気アイドルグループ・乃木坂46の西野七瀬、桜井玲香、白石麻衣らが22日、都内で行われた映画『あさひなぐ』初日舞台あいさつに出席。サプライズで、メンバーになぎなた指導を行った吉井和代氏からの手紙が朗読された後、吉井氏と全日本なぎなた連盟所属の大学生たちが登場すると、メンバーたちは涙を流して再会を喜んだ。

 同作は、“なぎなた”をテーマにしたこざき亜衣氏の人気漫画を『ヒロイン失格』『トリガール!』の英勉監督が実写化。なぎなたに青春をかけた女子高生たちがインターハイ出場を目指して奮闘する姿を描く。この日は道着に防具姿で西野、桜井、白石、松村沙友理、伊藤万理華、生田絵梨花、女優の富田望生が出席。英勉監督はジャージ姿で現れた。

 満員の客席を見渡した桜井は「無事に初日を迎えることができて、うれしいです」と笑顔。白石は「1回だけじゃなく、何十回、何百回と観ていただけたらうれしいです」と呼びかけた。

 吉井氏からの手紙は、なぎなたの練習に一生懸命取り組んできたメンバーたち一人ひとりをねぎらい、映画の完成を祝う内容だった。主人公・東島旭を演じた西野には「『面が打てないんです。人の頭を強く打つようなことは苦手です』って泣き出したときは、驚きました。優しい性格の旭ちゃんは本当につらかったでしょう。しかし、主役の責任感からか厳しい対人稽古も耐え抜いて、しっかりした面を打てるようになりました」とメッセージが寄せられた。

 司会から手紙が代読された後、さらなるサプライズで吉井氏らが登場するとメンバーたちは感涙。西野は「まさかここに来ていただけるとは思っていなかったです。ありがとうございます」と驚きつつ、笑顔で喜んでいた。

関連記事(外部サイト)