FUJIWARA原西、プリキュア愛さく裂 『アメトーーク!』で熱烈プレゼン

FUJIWARA原西、プリキュア愛さく裂 『アメトーーク!』で熱烈プレゼン

9月28日放送、『アメトーーク!』でプリキュア愛を語るFUJIWARA原西(C)テレビ朝日

 お笑いコンビ・FUJIWARAの原西孝幸が、テレビ朝日系で28日放送の『アメトーーク!』(毎週木曜 後11:15〜深0:15※一部地域で放送時間が異なる)に出演。芸人たちがピンポイントに絞ったテーマで“ぜひ今こそ伝えたいことがある”という熱い思いを発表する人気企画「ピンポイントアカデミー大賞」(第4弾)で、アニメ「プリキュア」への熱い思いをさく裂させる。

 原西が「プリキュア」シリーズに魅了されるきっかけとなったのが、当時3歳の長女と観た『フレッシュプリキュア!』(2009年〜10年放送、6作目)。以来、現在放送中の14作目『キラキラ☆プリキュアアラモード』(毎週日曜 前8:30 ABC・テレビ朝日系)まで、毎週欠かすことなくテレビで鑑賞。『フレッシュプリキュア!』以前のシリーズも再放送などでチェックし、これまで数々の番組でプリキュア好きをアピールしてきた。

 12年に放送された『スマイルプリキュア!』17話では本人役でゲスト出演。オリジナル名乗り「キュアゴリラ」を披露し、多くのプリキュアファンを沸かせた。そんな自他ともに認める「プリキュア芸人」原西が、満を持して、『アメトーーク!』で「プリキュア」シリーズの魅力をプレゼンする。

 「14年も愛され続けるプリキュアの世界」と題し、「プリキュア」シリーズの基礎情報や、お得意の名乗りポーズも披露。さらに、「プリキュア」シリーズ劇場版の定番であり、原西も「画期的」と話す、客席からピンチになったプリキュアを“あるアイテム”で助ける“応援上映”を出演者・観客全員で再現。スタジオを映画館の客席のように変えるなど、温め続けたプリキュア愛をスタジオで爆発させる。

 そのほか、みやぞん(ANZEN漫才)、千原ジュニア、西村瑞樹(バイきんぐ)、ケンドーコバヤシがプレゼンに参加。みやぞんはちょっと意外な「お花」の魅力を、ジュニアは血のつながった、ある生き物の“魅力”を全力でアピール。さらにケンコバはある“絶滅危惧種”を、西村は週に3回行くほどハマる衝撃キャンプの魅力を紹介する。

 ゲスト審査員として元新体操日本代表フェアリージャパンの畠山愛理が出演。はたして原西の“プリキュア愛”は畠山のハートを射止めるのか? それともみやぞん、千原ジュニアらほかのプレゼンターが栄光に輝くのか? 原西は「スタジオのお客さんに女の子が多かったので、ホームのような感じでした。これでプリキュアに興味を持ってくれる人が増えるといいですね。次回があればもっとマニアックなことも言いたい!」と、ますます“プリキュア愛”を燃やしていた。

関連記事(外部サイト)