アプガ卒業の仙石みなみ、初ソロ写真集は“背中推し”「縦のラインが気に入ってます」

アプガ卒業の仙石みなみ、初ソロ写真集は“背中推し”「縦のラインが気に入ってます」

仙石みなみが、ファースト写真集『みなみの決意』の発売記念イベントを開催(C)Deview

 アイドルグループ・アップアップガールズ(仮)を16日に卒業したばかりの仙石みなみが24日、ファースト写真集『みなみの決意』(ワニブックス)の発売記念イベントを、福家書店新宿サブナード店で開催した。

「憧れだった」というソロ写真集をリリースし、「自分の分身のような、『私はこういう者です』って紹介できるような一冊ができたことに喜びを感じています」という仙石。「私、26歳なんですが、背が低くて童顔なので子供にしか見られなくて。だから今回の写真集では、幼い“みーこ(仙石の愛称)”と背伸びして大人っぽい“みーこ”の二面性を見てもらえるように、大人っぽい私を詰め込んでもらいました」というのが、今回の写真集のテーマだという。

 特に大人っぽくお気に入りだというのが、大胆に背中の開いたワンピースを着たショット。「自分でも見たことない表情があって、ちょっと大人っぽい表情もできるんだって自覚できました」と満足げ。なかでもポイントは背中だという。「アプガ(仮)自体がアスリート系アイドルで、『背筋がキレイだね』って褒めていただけることが多かったんです。家でも気付いたときに腹筋・背筋・側筋はやっていて。タダの背中じゃない、鍛えた縦のラインがしっかり出る背中が気に入っているので。今回の写真集は“背中推し”です(笑)」。

 写真集のタイトル『みなみの決意』は自身で命名。「一人の“仙石みなみ”として、アプガ(仮)から旅立って、自立して戦っていくぞ! という決意を込めました。写真集でも表紙のカットではビキニの上を脱ぎ去って撮影していて、刺激的に、アプガイズムを継承した攻めの姿勢は変わらないことを見せて行きたいです」とその理由を語る。

 今後は女優業を中心に活動していく予定。「キラキラというよりギラギラした、血と汗と涙が似合う女優さんになりたいです。体当たりで、激しいアクションに挑戦したり、アクティブな女優を目指します。アプガ(仮)時代も何にでも挑戦してきたので、アプガイズムを持って、いろんな仙石みなみの表情を見せていけたらと思っています」と決意を新たにした。

関連記事(外部サイト)