【AKBじゃんけん大会】準VのNMB矢倉楓子&村瀬紗英「2位が一番売れる」

【AKBじゃんけん大会】準VのNMB矢倉楓子&村瀬紗英「2位が一番売れる」

NMB48の2期生コンビ・矢倉楓子、村瀬紗英からなる2人組ユニット「ふぅさえ」 (C)ORICON NewS inc.

■『AKB48グループ ユニットじゃんけん大会』(24日、日本ガイシホール)
 NMB48の2期生コンビ・矢倉楓子(20)、村瀬紗英(20)のユニット「ふぅさえ」が準優勝した。決勝でHKT48の3期生・荒巻美咲(16)と4期研究生・運上弘菜(19)からなる2人組ユニット「fairy w!nk」に敗れたものの、12月13日にリリースされる「fairy w!nk」のデビューCDのカップリング曲を担当することが決定。村瀬は「M-1でも2位が一番売れるというジンクスがあるので、ふぅさえが一番売れたいと思います」と怪気炎をあげた。

 今大会では矢倉がじゃんけんを担当し、村瀬は応援に回った。Cブロック代表決定戦(4回戦)では指原莉乃(HKT48)、峯岸みなみ(AKB48)、柏木由紀(AKB48/NGT48)の3人組ユニット「サンコン」を撃破するなど、大きな見せ場を作った矢倉に対し、村瀬は「ここまで楓子が連れてきてくれた」と感謝しきり。「ふぅさえが一番売れたい」発言を背中で聞いていた自称「笑わないアイドル」の「fairy w!nk」はくすりともしなかったが、「そこはちょっと笑うとこ!」とツッコミを入れていた。

 矢倉はふぅさえで歌いたい楽曲について「今回の衣装もふわふわなんですけど、ミュージックビデオもふわふわした、女子力高めな場所…海外とかに行って撮影したい。エステしてもらったり…」と妄想をふくらませていた。

関連記事(外部サイト)