見た目は赤ちゃん、知能は大人 アニメーション映画『ボス・ベイビー』特報解禁

見た目は赤ちゃん、知能は大人 アニメーション映画『ボス・ベイビー』特報解禁

『ボス・ベイビー』の特報映像が公開 (C)2017 DreamWorks Animation LLC. All Rights Reserved.

 『怪盗グルー』シリーズなどのユニバーサル・スタジオと、『シュレック』などを手がけたドリームワークス・アニメーションが初タッグを組んだ長編アニメーション映画『ボス・ベイビー』(2018年春公開)の特報映像が25日、解禁された。

 両親と3人で幸せに暮らす7歳のティムのもとに弟としてやってきたボス・ベイビーは、見た目は赤ちゃん、中身は大人と変わらぬ知能を持つ“おっさん”、というギャップで瞬く間に人気を集め、全世界で約540億円(8/29付けBoxOfficeMojo調べ)のヒットを記録。本国では既にパート2の制作が決定している。

 マーラ・フレイジー氏による絵本『あかちゃん社長がやってきた』(講談社刊)を、『マダガスカル』シリーズのトム・マクグラス監督がアニメ化。ボス・ベイビーの声は『ミッション:インポッシブル/ローグ・ネイション』や、最近ではドナルド・トランプ大統領の物まねで話題になったアレック・ボールドウィンが務めている。

 公開された特報では、たくさんの純真そうなかわいい赤ちゃんたちに癒される…と思いきや、高級そうな腕時計を身に着け、真っ黒なスーツをビシっと着こなした“ボス・ベイビー”が登場する。ネクタイを頭に巻いたり、カクテルのようにミルクをシェイクしたりする姿が映され、「俺はボスだ」と低くて渋い大人の声でしゃべる。見た目はとってもかわいい赤ちゃんなのに中身はおっさん、この赤ちゃんは何者なのか。

関連記事(外部サイト)