NHK久保田祐佳アナ、育休から復帰 タモリと再タッグに「ご縁を感じます」

NHK久保田祐佳アナ、育休から復帰 タモリと再タッグに「ご縁を感じます」

『NHKスペシャル シリーズ人体 神秘の巨大ネットワーク』の試写会に出席した(左から)久保田祐佳アナ、タモリ (C)ORICON NewS inc.

 10月から来年3月にかけて、NHK総合で放送されるNHKスペシャル『人体〜神秘の巨大ネットワーク』(全8回シリーズ)の事前番組『プロローグ 神秘の巨大ネットワーク』(9月30日 後9:00〜9:59)の試写会が25日、東京・渋谷のNHKで行われた。番組MCを務めるタレントのタモリ、ノーベル生理学・医学賞を受賞した京都大学 iPS細胞研究所の山中伸弥教授、アシスタント兼ナレーションを担当する久保田祐佳アナウンサーが出席し、番組の見どころなどを語った。

 タモリは、1989(平成元)年に同局で放送された『驚異の小宇宙 人体』でもMCを担当。「28年前の番組は、放送後、レーザーディスク化されて教材になったことを覚えています。28年の間に驚異的な映像技術の進歩・進化がありまして、改めて28年の歳月というのは、すごいものだなと改めて思っております」と、最先端の顕微鏡技術で捉えられた体内映像や、再現CGのクオリティーの高さを見どころの一つとして挙げる。

 その28年前、番組をいち視聴者として観ていたのが、当時、研究者としての道を歩み始めたばかりの山中教授だった。自身の研究で多忙を極める中、「自分が貢献できるのであれば」と、番組MCを引き受けた。「私より10歳くらい下の世代で、あの番組を観て医者や研究者になろうと思った人をたくさん知っている。医学や生命科学の研究を目指す若者が増えるよう、頑張っていきたい」と、意気込みを語っていた。

 久保田アナは、同番組で出産・育児のための休職から復帰。同局の人気番組『ブラタモリ』で初代アシスタントを務めていたことでも知られるが「『ブラタモリ』で初めてご一緒したのが2008年。10年近く経って、その間に結婚して、子どもを産んで、またご一緒できることを勝手にご縁を感じています」と、タモリに向かって深々とあいさつ。

 タモリも「初めて会った時は、入局4年目、25歳くらいだったよね。当時はまだ新人アナウンサーという感じがあったけれど、いまやそろそろお局さまになろうかというくらいになって。『ブラタモリ』の頃は、結婚もまだだったのに! また仕事でご一緒できるということで、縁があるなと思います」と感慨深げに話していた。

 番組は、新たな医学の潮流の全貌を全8回にわたって紹介する大型シリーズ。今、医学の世界では、これまでの「人体観」を覆す、巨大なパラダイムシフトが起こりつつあるという。人体のイメージと言えば、「脳が全体の司令塔となり、他の臓器はそれに従う」というものだったが、最新科学では「体中の臓器が互いに直接情報をやりとりすることで、私たちの体は成り立っている」という、驚きの事実が明らかになってきた。この「臓器同士の会話」を知ることで、例えば、がんや認知症、メタボなどの悩ましい病気を克服する画期的な方法が生まれている。がんを早期に発見する検診方法や、がんの再発を防ぐ新たな治療方法などの最前線を紹介していく。

■番組情報(すべて総合テレビ)
9月30日 プロローグ 神秘の巨大ネットワーク 後9:00〜9:59
10月1日 第1集 “腎臓”が寿命を決める 後9:00〜9:49
11月5日 第2集 “脂肪と筋肉”の会話がメタボを治す
12月3日 第3集 発見!“骨”が若さを呼び覚ます
1月7日 第4集 アレルギーのカギは“腸”にあり
2月4日 第5集 徹底解剖!ひらめく“脳”の秘密
3月18日 第6集 生命誕生・あなたを生んだミクロの会話
3月25日 第7集 人体は謎に満ちている

関連記事(外部サイト)