久我陽子、2年ぶり新曲は山崎まさよし書き下ろし「心を揺さぶられました」

久我陽子、2年ぶり新曲は山崎まさよし書き下ろし「心を揺さぶられました」

2年ぶりの新曲「月になる」を発売する久我陽子

 女優で歌手の久我陽子が、約2年ぶりのシングル「月になる」を10月11日に発売することが決定した。本人たっての希望で、以前よりファンだったシンガー・ソングライターの山崎まさよしが書き下ろしで提供した。

 新曲は久我がイメージを構築した時に、山崎しかいないと考えてお願いしたところ、山崎が快諾。実際に会って思いを伝えることで、切なくはかないメロディーの楽曲が完成し、久我は「この曲の旋律に強く引かれ、心を揺さぶられました」と感動しながらレコーディングに挑んだ。

 また、カップリング曲の「手をつなごう」は、久我も作詞に参加。「素直になれない気持ちは誰にでもあると思いますが、そんな気持ちから一歩前に進む心情を表現しました」と振り返り、「歌への思い入れにも変化が生まれた気がしています。わがままな女心を貴方に理解してほしい…『手をつなごう』はそんな曲です」と紹介している。

 表題曲は、真矢ミキ主演の10月7日スタートの東海テレビ・フジテレビ系連続ドラマ『さくらの親子丼』(毎週土曜 後11:40)の番組応援ソングとなっている。

関連記事(外部サイト)