菅田将暉&桐谷健太、ビートたけしの名曲「浅草キッド」をカバー

菅田将暉&桐谷健太、ビートたけしの名曲「浅草キッド」をカバー

ビートたけしの名曲「浅草キッド」をカバーした(左から)菅田将暉、桐谷健太(C)2017『火花』製作委員会

 歌手としても活動する俳優の菅田将暉(24)と桐谷健太(37)が、W主演を務める映画『火花』(11月23日公開)の主題歌を歌うことが26日、わかった。劇中でお笑い芸人を演じた2人が、いつか売れる日を夢見てもがく若手芸人の気持ちを綴ったビートたけしの名曲「浅草キッド」をカバー。2人の歌声が入った予告編が公開された。

 同作は、『第153回芥川賞』を受賞したお笑いコンビ・ピースの又吉直樹の小説を、自身もお笑い芸人である板尾創路監督が実写化。漫才の世界に身を投じるも、結果を出せず底辺でくすぶっている青年・徳永を菅田将が演じ、強い信念を持ち徳永の師匠となる先輩芸人・神谷を桐谷が演じるほか、ヒロイン・真樹役で木村文乃が出演。徳永と漫才コンビ「スパークス」を組む山下を川谷修士(2丁拳銃)、神谷と漫才コンビ「あほんだら」を組む大林を三浦誠己が演じている。

 菅田は今年、auのCMソング「見たこともない景色」でソロデビュー、2ndシングル「呼吸」も発売されるなど、歌手としても活動している。桐谷は、昨年「海の声」で第58回日本レコード大賞優秀作品賞を受賞、第67回NHK紅白歌合戦にも初出場を果たした。

 今回の主題歌は、板尾監督たっての希望で実現した。「2年前に火花を監督することが決まった時から頭の中に『浅草キッド』がすでにあって、この曲有りきで脚本を作りました」と振り返り、「この楽曲をエンドに使うことで、東西の芸人の世界がつながり、より大きなテーマを持った作品になりました」と満足げ。

 8月下旬に行われたレコーディングでは、劇中の神谷と徳永のように桐谷が菅田をリードしながら、2人で何度もテイクを重ね、丁寧に歌い上げた。

 菅田は「桐谷さんと2人で歌えることに加えて、楽曲も『浅草キッド』ということでなんて贅沢なんだと思うとともにすごくワクワクしました」と喜びのコメント。「撮影が終わってしばらく経ちましたけど、2人で向かい合ってのレコーディングで、その時の情熱や、徳永と神谷の関係性を思い出して熱い気持ちになれました」と手応えをにじませ、「歌詞の中にある『いつか売れると信じてた…』という箇所は、芸人さんはもちろん、我々にも通じる部分があるフレーズだと思います。エンドロールで流れる僕らの主題歌を楽しみにしていただければと思います」と呼びかけた。

 桐谷も「関西人の2人が、東京の芸人さんの歌を歌うというのも感慨深いです」と話し、「2人同時のレコーディングでは最後に気持ちが本当に乗ってきて、向かい側で歌う将暉もいい感じの顔になっていくのをずっと見ていました(笑)。ビートたけしさんが作られた曲なので自分の持っているものを全部出しきって飛び込んでいきました。一緒に歌っているとどんどん流れができていく感じなので、一曲通して楽しんでいただきたいです」とアピールした。

■『火花』公式サイト
http://www.hibana-movie.com/

関連記事(外部サイト)