松坂桃李、ゲス不倫役を絶賛され当惑 朝ドラの影響不安視「もうすぐ始まっちゃう」

松坂桃李、ゲス不倫役を絶賛され当惑 朝ドラの影響不安視「もうすぐ始まっちゃう」

ゲス不倫をする軽薄な役を演じた松坂桃李 (C)ORICON NewS inc.

 俳優・松坂桃李が28日、都内で行われた映画『彼女がその名を知らない鳥たち』(10月28日公開)のジャパンプレミアに参加。同作で、妻子がある身にも関わらずゲス不倫をする軽薄な役を演じており、最低な役の演技を褒められた松坂だが朝ドラへの影響を考えて「ダメだな、これ」と苦笑いだった。

 松坂は家庭があるにも関わらず誠実を装い十和子(蒼井優)との不倫を愉しむゲスな男・水島を好演している。蒼井から「松坂さんは本当にこんなに薄いせりふをよく真顔で言えるなって思った。松坂さんと過ごしたというより水島というペラペラペラ男が本当に目の前にいて感動しました」とベタ褒めされた。

 登場人物が全員最低という映画で蒼井が最も最低な人間を言う流れになり「松坂さん」と即答。役名でなく実名を言ってしまった蒼井は「いや松坂さんというか、水島。松坂さんのことは詳しくは知らないですけど、現場で接している限りはすごく真面目な俳優さん」と慌てて訂正した。

 その上で水島のことを「本当に最低」と連呼し、松坂は「(ゲス役が)うまい」と大絶賛。苦笑いの松坂は「ダメだな、これ。もうすぐ朝ドラ始まるから!」とゲス役の余波があるのではと不安に。そんな姿を見た蒼井は「出番、減るかもね」といたずらな笑みを浮かべていた。

 来週10月2日には主人公の夫を演じるNHK連続テレビ小説『わろてん』(月〜土 前8:00 総合ほか)が始まる松坂だが「僕のうちわを持っている方もいらしゃるけど、帰りには捨てているんだろうな」とぽつり。演技がうまいこともいいことばかりではなさそうだ。

 8年前に別れた黒崎(竹野内豊)を忘れられない、クレーマー気質で自分勝手な十和子は、15歳年上の男・陣治(阿部サダヲ)と同棲中。地位もお金もない陣治を嫌悪していたが、黒崎が失踪したと聞いて…。登場人物は全員最低、共感度0%、不快度100%。限りなく不愉快なのに、「でもこれは、まぎれもない愛の物語」の言葉でムードが一転し、十和子の柔らかな視線と、男たちの十和子を呼ぶ声の先には、観る者の恋愛観が変わる結末を暗示する内容となっている。

 舞台あいさつには阿部、竹野内も参加した。

関連記事(外部サイト)