黒柳徹子、足骨折していた 車いすで舞台出演へ

黒柳徹子、足骨折していた 車いすで舞台出演へ

黒柳徹子 (C)ORICON NewS inc.

 女優の黒柳徹子(84)が28日、1ヶ月前に足を骨折し手術を受けていたことを自身のインスタグラムで明かした。あす29日から東京・Exシアター六本木で始まる舞台『想い出のカルテット』には車いすで出演するとしている。

 インスタでは役衣装と思われる格好で車いすに腰掛けた写真をアップ。「みなさんに、ご報告があります。実は、私、1ヶ月前に足を骨折してしまい、手術を受けました。今回の『想い出のカルテット』は、車いすを使って演じさせていただきます」と伝えた。

 医者から許可をもらい手術からわずか10日でテレビや芝居の稽古にも復帰したと明かし「足の経過は、順調で、骨が完全につくまでは、車いすを使っての生活になりますが、相変わらずの食欲とともに、毎日リハビリに励んでおります」と元気な様子をつづっている。

 きょう夕方には都内で舞台の会見が行われるが「私の骨折のことが、いきなりニュースとして報道されたら、みなさんが驚かれるかもしれないので、お伝えしていた方がいいのかなぁ? と思いました」とSNSで発表した理由も説明。「とにかく、私は、元気です。くれぐれも、ご心配なさらないでください」と呼びかけた。

 舞台は29日から10月15日までExシアター六本木、同17日・18日に大阪・森ノ宮ピロティホールで上演される。

関連記事(外部サイト)