杉咲花、神木隆之介と再共演 駅員役に初挑戦「気持ちが引き締まりました」

杉咲花、神木隆之介と再共演 駅員役に初挑戦「気持ちが引き締まりました」

フジテレビ新ドラマ『刑事ゆがみ』第1話に杉咲花が出演 (C)フジテレビ

 女優の杉咲花が、10月12日よりスタートするフジテレビ系連続ドラマ『刑事ゆがみ』(毎週木曜 後10:00※初回15分拡大)の第1話に出演が決定。主人公の天才刑事・弓神適当(浅野忠信)のバディとなる羽生虎夫を演じる神木隆之介と、今夏公開されたアニメ映画『メアリと魔女の花』でもアフレコ共演した2人、日本テレビ系『学校のカイダン』(2015年)以来約2年半ぶり“中学時代の同級生役”という役柄で“再会”する。

 漫画雑誌『ビッグコミックオリジナル』にて連載中の井浦秀夫氏による原作をもとにした同ドラマは犯罪者の心を読める天才“適当”刑事・弓神と正義感と上昇志向が強い腹黒刑事・羽生が難事件を解決していく。杉咲が演じる坂木望(さかき・のぞみ)は、1話の事件に関連する電車での痴漢騒動があった「うきよ台駅」の駅員。騒動当日に勤務していた坂木は実は羽生が中学時代に思いを寄せていた同級生。思わぬ再会に羽生は心が躍らせるが…。

 初めて、駅員の制服に身を包み、所作なども直接指導を受けたという杉咲は「しっかり駅員さんの練習ができたのが一日だけだったので、不安でしたが、実際に制服を着て動いてみると意識も変わってきて、練習すればするほど楽しくなりました」とすっかり満喫。「普段スーツですら着る機会があまりないので、少し恥ずかしかったですが、気持ちが引き締まりました」と背筋を正した。

 しかも、「駅員さんはその駅のことを熟知しているはず」と考え、「撮影の日に初めて現場に行くのが不安だったので、お休みの日にロケ場所に下見に行ってみたり」と熱心に役作り。「『本番で実際におこったことを楽しんでもらえれば』と監督に指導していただいたので、演じている時の気持ちに正直に演じてみました。台本を読んで“普通に過ごしていて見える面だけではなく人にはいろいろ事情がある“という話だと感じました。最後までみていただけたらうれしいです」と呼びかけた。

 今回、浅野とは初共演となるが「浅野さんの作品は今までたくさん拝見していたので、共演させていただき、うれしい気持ちと緊張が入り交じっていたのですが、撮影の合間などに優しくお話しして下さり、とても楽しく撮影することができました」と打ち解けた。また、「神木さんとは3回ほどお仕事でご一緒させていただいてますが、直接ここまで演技をすることがなかったので、合間に気を遣って場を和ませてくださって、今まで知らなかった面を知ることができました」と新たな発見もあったそう。

 劇中では神木演じる羽生について「昔から正義感が強く刑事になるのが夢だった」と中学時代を回想したり、仲の良い様子をみた弓神にひやかされたりするシーンもあったが「学生時代に一緒だった人と偶然再会するという出来事は、相手へのほのかな思いをふくらませるものなのかなと思いました。羽生くんと坂木のやりとりは、とてもかわいらしくてほほえましい気持ちになりました」と語っている。

関連記事(外部サイト)