吉沢亮 “中二病役”を自画自賛「今までで一番のはまり役」

吉沢亮 “中二病役”を自画自賛「今までで一番のはまり役」

“中二病役”を「今までで一番のはまり役」と自画自賛した吉沢亮 (C)ORICON NewS inc.

 俳優の吉沢亮が28日、都内で行われた映画『斉木楠雄のΨ難(サイなん)』(10月21日公開)完成披露試写会に出席。同作で“中二病”の高校生を演じた吉沢は「最高でした。今まで役者やってきたなかで、一番のはまり役だなって勝手に思っています」と自画自賛した。

 吉沢が演じるのは、生まれながらに持っていたとんでもない超能力を隠して高校生活を送る主人公・斉木楠雄(山崎賢人)の同級生・海藤瞬。“漆黒の翼”として謎の組織(ダークリユニオン)と戦っているという自分の設定がある海藤を生き生きと演じ、「自分のなかに中二病いるなと思いました。自分のなかにあるものしか芝居に使っていない。超楽しかったです」と声を弾ませた。

 海藤を演じているときは「動きとか、(頭のなかに)降りてくるんです」と演技プランがあふれてきたようで、山崎、新井浩文との共演シーンでは、2人が吉沢を見て笑いが止まらなくなってしまったほど。メガホンをとった福田雄一監督からは「僕の周りに来て『いやー楽しいわ、いやー楽しいわ』って言っていた。『銀魂』ではあれだけ緊張していた吉沢亮が、この映画で羽ばたきました」といじられていた。

 同作は、2012年から『週刊少年ジャンプ』で連載中の麻生周一氏の同名ギャグ漫画を、『勇者ヨシヒコ』シリーズの福田氏による監督・脚本で実写映画化。試写会にはそのほか、橋本環奈、笠原秀幸、賀来賢人、ムロツヨシ、佐藤二朗、内田有紀が出席した。

 主演の山崎は「悪い人が一人も出てこない、ハッピーで楽しい映画です」とアピール。福田監督は「ギャグ映画は日本であんまりヒットしないけれど、こういうものがヒットすると我々の生きていく道ができるので、皆さんの力でヒットさせてください」と呼びかけた。

関連記事(外部サイト)