綾瀬はるか、“取り扱い注意”の過去明かす「足に傷を作って帰るやんちゃな女の子」

綾瀬はるか、“取り扱い注意”の過去明かす「足に傷を作って帰るやんちゃな女の子」

日本テレビ系ドラマ『奥様は、取り扱い注意』に出演する(左から)広末涼子、綾瀬はるか、本田翼(C)日本テレビ

 女優の綾瀬はるか、広末涼子、本田翼がこのほど、日本テレビ系ドラマ『奥様は、取り扱い注意』(毎週水曜 後10:00)の取材会に参加。「キュートで明るい」と「強くてカッコイイ」をあわせ持つ役柄と自身の似ている部分を笑顔で語った。

 綾瀬が演じるのは、合コンで一目ぼれした男性と結婚し、閑静な高級住宅街に暮らすちょっとセレブで誰もがうらやむ専業主婦・伊佐山菜美(いさやま・なみ)。料理や掃除はド下手だが“曲がったことが大嫌い、悪い奴らは放ってはおけない!”と正義感が超強く、怒らせたら超キケンな菜美が、幸せに見える主婦たちが抱えるさまざまなトラブルを解決し、ピンチを救う。広末と本田は大原優里、佐藤京子という“主婦友”役で出演する。

 収録の合間に取材会を行ったが、早くも3人の息はぴったり。共演してみての感想を問われると本田は「ほぼほぼ、初めましてなんです。女性ばかりの現場って、あまり経験なくて不安が結構あったんですけど、みなさん話しやすくて楽しい」とにっこり。綾瀬は「広末さんが話題を提供してくださる。ばっちゃん(本田)は年下なのに年下感がない対等な関係」と話し、最後は広末が「いつも二人がわしゃわしゃしていて可愛いです。最後に私に話を振るんですけど、どっちでもいいって思います(笑)」とオチをつけるなど良好な関係を築いている。

 天涯孤独に生まれ育ち、愛情も知らずタフに生きてきた菜美について綾瀬は「菜美っていう人はガキ大将的なやんちゃだった幼少時代を過ごしている。私も足に傷を作って帰るやんちゃな女の子で、そういうところは似ているかな」と子供時代を振り返りながら共通点を明かした。知識豊富でグイグイと菜美たちをひっぱる優里を演じる広末は「3人に共通しているんですけど正義感みたいなものが似ているかな。女性が大切にしているものや守りたいものに対して真っ直ぐな部分は似ている」と語った。おっとりしているが好奇心旺盛な京子役の本田は「人懐っこいところとか、性格の部分が似ているかな」と役柄そのままの天真爛漫な笑顔を見せた。

 綾瀬と本田は連ドラで初めての主婦役ということもあり、それぞれ得意料理も教えてくれた。綾瀬は「キャベツと鶏肉をみりんと醤油を1対1で炒める」とお手軽料理のレシピを披露。本田は「ポテトサラダ。ベーコンを入れると、おつまみっぽくなっておいしいんですよ」と明かした。唯一、実際の主婦でもある広末は「ビーフシチュー」と手の込んだ煮込み料理をチョイス。三者三様の料理に3人は「おいしそう」と想像して笑みをこぼした。

 今作は『SP』や『BORDER』『CRISIS』などを手がけてきた金城一紀氏による笑いあり、涙あり、アクションありの爽快なエンターテインメント・ドラマ。綾瀬は「見たことのないドラマだと思う。いろんな要素が詰まっているので、ぜひ見てほしい」とアピール。そんな綾瀬から無茶ぶりに近いかたちで見どころのバトンを渡された広末だが「はるかちゃんのヒロイン像が、すごく好き。女性的な部分や、過去を隠すシリアスな部分、アクションのあるワイルドなところなど、いろんな部分を併せ持ったヒロイン。それに加えて旦那さんを誘うフェロモン系のセクシーなはるかちゃんも見れるかもしれない。きっと女性が見てスカッとする気持ちがいい作品」と完璧なフォロー。思わず綾瀬も「上手!」と感嘆した。最後に本田が「毎度、起こるトラブルがシリアス。すごく踏み込んだ内容だなと思うので結構、共感してもらえる部分が多い」ときっちり締めるなどコンビネーションはバツグン。

 最年長の広末が「これだけ一緒にいる時間が長いと仲良くなれると思う。きっと後半の感動的なところに感情移入しちゃいそう」と話すなど、3人の関係性がそのままドラマに反映されそうだ。

関連記事(外部サイト)