リリー・フランキー、主演作公開も自虐PR連発「すぐ打ち切りに…」

リリー・フランキー、主演作公開も自虐PR連発「すぐ打ち切りに…」

自虐PRを連発したリリー・フランキー (C)ORICON NewS inc.

 リリー・フランキーが29日、都内で行われた主演映画『パーフェクト・レボリューション』初日舞台あいさつに登壇。「長く映画館でかかる(上映される)ような映画ではありませんので、初日に来ていただけるのが一番確実に見られるというものですから、こうやって来ていただいてうれしいです」と自虐を交えながらアピールした。

 松本准平監督からすかさず「いやいや、これからですよ!」とツッコミを入れられるも、リリーは「心配しなくても、すぐに打ち切りになりますから」とチクリ。同作の看板に「祝 公開」とだけ書かれているところにも注目し「普通だったら『大ヒット公開』とかになっているけど、この『祝 公開』ってなっているところがいいよね。まぁ、すぐ終わりますから」と笑わせた。

 同作で恋人役を演じている女優の清野菜名については「本当に素晴らしくて、こういうお芝居をしていたら『トットちゃん!』に決まりますよ。最近、どうかと思うくらいCMにも出ていますしね」と絶賛。「生き物としてみずみずしくて、本当にすばらしい女優さんだなと思います。この映画でたくさんの賞を獲ると思います」とべた褒めしていた。

 同作は、自身も脳性麻痺(まひ)を抱え、障害者の性への理解を訴えている熊篠慶彦氏の実話に基づく物語を、松本准平監督が映画化。「生まれも性別も、職業も能力も、お金も年齢も関係ない、本当の幸せ」を証明するため、まわりに立ちはだかる壁をぶち壊して突き進む姿を描いたハチャメチャラブストーリーとなっている。

 舞台あいさつにはそのほか、清野、熊篠氏も登壇した。

関連記事(外部サイト)