声優の鈴村健一&神谷浩史、歴史ある東映カレンダーに初登場

声優の鈴村健一&神谷浩史、歴史ある東映カレンダーに初登場

2018東映スターカレンダー(C)東映

 1957年より発売されている「東映スターカレンダー」。2018年版のラインナップが明らかになり、声優の鈴村健一と神谷浩史が2ショットで「9月」に登場。長い歴史の中でも声優として活躍しているスターの登場は、初めてとなる。

 二人は、文化放送で放送中のラジオ番組『東映公認 鈴村健一・神谷浩史の仮面ラジレンジャー』(毎週金曜 深0:30)に出演。鈴村は、2007年の放送開始から10周年を迎えた『仮面ライダー電王』のリュウタロスの声を担当。神谷はテレビ朝日系で放送中の『宇宙戦隊キュウレンジャー』のショウ・ロンポーの声を務めており、東映作品に縁がある。きょう29日放送の『仮面ラジレンジャー』では、このカレンダー撮影時のエピソードが語られる予定だ。

 「東映スターカレンダー」は、制作当初、東映所属の時代劇スターといわれる片岡千恵蔵・市川右太衛門・月形龍之介・大友柳太朗などがカレンダーに登場し、その後も中原ひとみ・高倉健・佐久間良子・梅宮辰夫・千葉真一ら東映ニューフェイスの面々や仁侠映画の鶴田浩二、藤純子、格闘映画に出演していた志穂美悦子、91本もの東映映画に出演していた美空ひばり、『野菊の墓』(1981年)で映画初主演した松田聖子など、その時代、その時代の東映映画やドラマを彩ってきたスターたちが登場してきた。

 鈴村&神谷のほかに、今年は映画『探偵はBARにいる3』(12月1日公開)より松田龍平、志尊淳が初登場。同映画に出演している前田敦子も5年ぶりに再登場する。来年2月公開、東映ビデオ製作の映画『犬猿』より筧美和子も初登場。高島礼子、小林稔侍、北大路欣也、橋本マナミ、黒谷友香らおなじみ顔も健在。そして来年公開の映画『終わった人』から黒木瞳と舘ひろし。舘は1981年版以来、37年ぶりに再登場する。実写だけでなく、アニメーション・戦隊作品など映画・ドラマのジャンルが増えてきた昨今を象徴する顔ぶれがそろった。

 変形B2(760×488ミリ)サイズ、13ページ(表紙込み)、1620円(税込み)。東映オンラインショップにて10月1日より発売。

■出演者(登場順)
1月:高島礼子
2月:小林稔侍
3月:志尊淳
4月:筧美和子
5月:松田龍平
6月:北大路欣也
7月:前田敦子
8月:黒木瞳
9月:鈴村健一・神谷浩史
10月:橋本マナミ
11月:黒谷友香
12月:舘ひろし

関連記事(外部サイト)