佐藤健、異例の隠し撮り許可 主演作の宣伝に覚悟「いつでも撮ってください!」

佐藤健が『亜人』舞台あいさつに登壇 「写真を断りません、隠し撮りでもいい」と宣言

記事まとめ

  • 佐藤健が30日、都内で行われた主演映画『亜人』初日舞台あいさつに登壇
  • 「私は『亜人』公開中は、絶対に街で会った人の写真を断りません」と宣言した
  • 玉山鉄二、城田優、千葉雄大など共演者たちから「本当に大丈夫」と心配する声が続出

佐藤健、異例の隠し撮り許可 主演作の宣伝に覚悟「いつでも撮ってください!」

佐藤健、異例の隠し撮り許可 主演作の宣伝に覚悟「いつでも撮ってください!」

主演作の宣伝で異例の隠し撮り許可宣言をした佐藤健 (C)ORICON NewS inc.

 俳優の佐藤健が30日、都内で行われた主演映画『亜人』初日舞台あいさつに登壇。同作にかける思いを行動で示すために「私は『亜人』公開中は、絶対に街で会った人の写真を断りません」と宣言した。

 会場からは大きな歓声が上がったが、共演者たちから「大変なことになるよ」「本当に大丈夫?」と心配する声が続出。それでも、佐藤は「もう、いつでも撮ってください。隠し撮りでもいい。ただ、絶対に『亜人』を見て!」と、条件付きながらも異例の“隠し撮り”許可で会場を沸かせ、「もし、映画の半券を持ってきてくれたら画質上げて撮ります」と笑わせた。

 また、劇中で佐藤と綾野剛が披露している肉体美が話題となると、本広克行監督が「本気でスゴい裸だなって思いました。撮影に入る前にパンプアップタイムっていうのが45分間くらいあって、それが終わると体がバキバキになっていました」と絶賛。ところが、当の佐藤は「どのCMを見ても裸なんですけど、そういうつもりじゃなかった。僕の裸は2カットくらいだったので…」と“裸推し”のCMを嘆いていた。

 桜井画門氏の人気漫画を実写化した同作は、交通事故での死亡から一転、生還し、死んでも命を繰り返す新人類(亜人)であることが発覚した主人公が、国家権力やテロをもくろむ同種族の亜人と戦いを繰り広げる。

 舞台あいさつにはそのほか、玉山鉄二、城田優、千葉雄大、川栄李奈、浜辺美波も登壇した。

関連記事(外部サイト)