小倉優子、子育てに持論「その子にとっての応援団に」

小倉優子、子育てに持論「その子にとっての応援団に」

子育てについて語った小倉優子 (C)ORICON NewS inc.

 タレントの小倉優子が9月30日、渋谷ヒカリエホールで開催された「働く」と「子育て」のこれからを考える体験型イベント『WORKO!2017』内でセミナーを行った。現在、5歳と10ヶ月の男の子を抱えるシングルマザーとして、仕事にも復帰したばかりの小倉は、自身の子育て論として「その子にとっての応援団になっていたい。これはどうなんだろうと思うとき、お母さんだけど、一人の人間として客観的にいったん、冷静に考えるようにしています」と心構えを語った。

 現在、2人の愛息子たちは「5歳の子はお手伝いしたり、助けてくれる。10ヶ月の子はなんでも引き出しを開けたり、目が離せない。お兄ちゃんのおもちゃを全部とっちゃう」とまだまだ手がかかる様子。しかし、一人目を経験したことから「1人で2人を育ててるけどなんとかなる。生まれちゃえばなんとかなるんだなって」と余裕が生まれたよう。

 仕事復帰してから半年が経ったが「それまで8ヶ月くらいお休みしてたので、復帰する前までは不安でした」と吐露しつつ、「不安定な仕事だし子育て両立できるか、子どもと一緒にいられる時間が少なくなってしまったのは考えてしまうところですが、その分一緒にいる時間を楽しい時間にしようと切り替えられたので、そこは子育てでイライラしないでいられるのかな」と笑顔をみせていた。

 この日は大勢詰めかけた親子連れの観客の前に子育てトークを展開。冷凍庫にぎっしり保存された野菜や手作りのお弁当、離乳食などプライベートでの写真も公開して時短テクを伝授していた。

関連記事(外部サイト)