梅沢富美男、テレビ東京で初MC番組「レギュラー化」を期待

梅沢富美男、テレビ東京で初MC番組「レギュラー化」を期待

10月7日放送、テレビ東京系『アッパレ!日本の縁の下さま〜隠れたスゴい職業応援バラエティー〜』MCは梅沢富美男(C)テレビ東京

 俳優の梅沢富美男が、テレビ東京系バラエティー特番『アッパレ!日本の縁の下さま〜隠れたスゴい職業応援バラエティー〜』(10月7日 前11:03)で、同局の番組初MCを務める。

 収録を振り返り、「テレ東はよく俺をMCに使ったよね! MCっていう柄じゃないから、ずっと断ってたんだけど、結構お願いしに来るんで、OKしちゃったけど、てんやわんやになっちゃったね」と、笑いつつも「レギュラー化、きっといけるんじゃないかなと思います」と、手応えをにじませた。

 番組は、大相撲(呼出、アナウンス係の仕事、土俵の作り方)、フィギュアスケート(研磨師)、政治家(氏名標作り)など、表舞台で活躍する著名人を陰から支える人たちを「縁の下さま」と呼び、その知られざる仕事内容を紹介。それぞれの業界の舞台裏、そしてその裏に隠された人間ドラマなど、普段は見られない「縁の下さま」の世界を浮き彫りにする。

 梅沢は「日馬富士の逆転優勝でホットな大相撲、解散総選挙で今話題の政治家の世界、放送日の10月7日ジャパンオープンできっと話題のフィギュアスケート。こんな旬のVTRが集まったのはやっぱり俺が持ってるからかな(笑)」と、自画自賛。

 「次があれば、皆が住んでる家を作っている職人さんたちを支える、そのさらに縁の下の人だったり、華々しい世界を演じている人たちの裏では実はこういう人たちがセッティングしているんだよ、っていう本当に縁の下の下の人までスポットライトを当ててあげたいね」と、期待した。

 「かなりお願いした」張本人の岩下裕一郎プロデューサーも「人気劇団を率いていらっしゃる梅沢さんだからこそ、この番組のMCにピッタリだと思いました。結果、すごく優しい、いい番組になりました」と、大満足の様子。放送で結果を残せれば、梅沢が期待する“次”もあり得そうだ。

関連記事(外部サイト)