JASRACが洋画音楽の上映使用料引き上げ発表で映画館の全国組織が反論

記事まとめ

  • 日本音楽著作権協会が外国映画に使用される音楽の上映使用料を引き上げる方針を発表
  • 現在は劇場で1作品あたり一律18万円の定額制だが興行収入の1〜2%に改めるとしている
  • 映画館の全国組織である全国興行生活衛生同業組合連合会は書面を通じ反論した

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております