『有吉の壁』第9弾に友近“初参戦” 物まね新ネタ披露も「バツしか出なかった」

『有吉の壁』第9弾に友近“初参戦” 物まね新ネタ披露も「バツしか出なかった」

日本テレビ系バラエティー特番『有吉の壁』の第9弾が放送 出演者たちが苦労を語る (C)ORICON NewS inc.

 タレントの有吉弘行がMC、モデルでタレントの佐藤栞里がアシスタントを務める日本テレビ系バラエティー特番『有吉の壁』の第9弾が、あす29日に放送される。同番組に出演する友近、パンサー、アルコ&ピース、タイムマシーン3号、脳みそ夫が番組の魅力を語り合った。

 今話題の次世代芸人たちが、有吉をはじめとした先輩芸人たちの“壁”に体当たりで挑む同番組。今回は、富士急ハイランドや富士山のふもとに作られた特設サッカー場などを舞台に「一般人の壁を越えろ! おもしろ遊園地の人選手権」「なりきりの壁を越えろ! 有名人しか乗れないVIP電車」「リアクションの壁を越えろ! おもしろ爆破フリーキック」「ごちそうの壁を越えろ! 寿司ネタ争奪おもしろ選手権」の4つで白熱した戦いを展開する。

 パンサーは毎回出演しているが、向井慧が「(とにかく明るい)安村さんが今回出ていないので、初回から出ているのが、とうとう僕らとあばれる君だけになった。安村さんが帰ってくるまで頑張ります」と意気込み。アルコ&ピースの平子祐希は“安村不在”の衝撃を「ワールドカップでカズ(三浦知良)が外されたみたいな感じで、現場の芸人たちは騒然としていましたよ」と時代を感じさせる例えで笑わせた。

 一方、先輩の壁として同番組に初登場する友近は「普段からスベっても全然気にしない、やりっ放しでやり逃げが得意だったので、すごく向いているんじゃないかなと思いました」とにっこり。「物まねの新ネタを披露しているんですけど、何回やってもバツしか出なくて、けっこう厳しいジャッジでした。芸人の素や人間性が見られる番組で、楽しいですね」と魅力を力説した。

 きのう27日深夜放送の『有吉の壁・若手芸人予選会SP』から勝ち抜いてきたピン芸人の脳みそ夫は、ひとりだけネタ用のメイクをバッチリ決め「こんちわ〜す 憧れの番組に出させてもらって、うれしい〜す」と登場。独特な世界観で芸人たちの注目を集め、写真撮影時は全員で「こんちわ〜す」のポーズを決めていた。

■『エンタの神様&有吉の壁 年末は爆笑パーティーで盛り上がろう!SP』
放送日時:12月29日 後7:00〜11:24
<有吉の壁 出演者>
MC:有吉弘行、佐藤栞里
先輩の壁:友近(※)、大久保佳代子(オアシズ)、澤部佑(ハライチ)、吉村崇(※平成ノブシコブシ)、中岡創一(ロッチ)、小島よしお(※)、大島美幸(※森三中)、黒沢かずこ(森三中)、千鳥、椿鬼奴、春日俊彰(オードリー)、川島明(麒麟)
挑戦者:あばれる君、アルコ&ピース、さらば青春の光、サンシャイン池崎、三四郎、タイムマシーン3号、チョコレートプラネット、トレンディエンジェル、にゃんこスター、パンサー、平野ノラ、メイプル超合金、ジャングルポケット
※は初出場

関連記事(外部サイト)