シャンシャンは美人! 小池都知事、松島トモ子が容姿を大絶賛

シャンシャンは美人! 小池都知事、松島トモ子が容姿を大絶賛

報道陣に公開されたシャンシャン (C)ORICON NewS inc.

 東京・上野動物園で6月に生まれたジャイアントパンダの赤ちゃん「シャンシャン」が、あす19日の一般公開に先駆けて18日、関係者に公開された。小池百合子東京都知事、女優の松島トモ子をはじめ、一足先に見学した人は一様に「美人」とべた褒めだった。

 シャンシャンの関係者向けの公開日とあって、休園日の上野動物園の入り口には50メートル以上の長蛇の列ができた。公開前には『ジャイアントパンダ「シャンシャン」公開を祝う会』も開催され、小池都知事は「上野動物園で今年の6月12日に誕生したジャイアントパンダのシャンシャン。母親のシンシンの愛情にあふれる子育てによって、すくすくと成長をしております」と笑顔が止まらなかった。

 その後に公開されたシャンシャンは元気いっぱい。ササを大きな口を開けてパクパクしたかと思えば、木登りをして楽しむなど無邪気に遊ぶ姿に、地元の小学生も「かわいい」「コロコロしてた!」と声を弾ませた。

 初めて公開されたシャンシャンには、美ぼうを称える声も多かった。小池都知事は「木にも登って、かわいいおしりをみせてくれました」とニコニコで「名は体を表す。これからも芳しく存在感を示してくれると思う」と容姿も称ると、松島も「生まれた頃は明太子みたいだったけど、今はとてもかわいい。私、パンダは世界中のあちこちで見ているけど、あんなに小さいのは初めて。ホントにかわいくて美人」と大絶賛。「コロコロ転がったり、足を広げたり、やんちゃ。いい年の男の方たちも『おぉ、かわいい!』って声出ちゃってました。ホントは出しちゃいけないのに」と男女を問わず、メロメロにさせていることを笑顔で振り返った。

 シャンシャンは19日から一般公開。観覧は抽選で、倍率は約70倍という。上野動物園では初めてとなる自然交配による繁殖で赤ちゃんパンダの公開は29年ぶりとなる。

関連記事(外部サイト)