白洲迅、加藤諒、永田崇人らキューブの若手俳優が大集合 サポーターズクラブ「C.I.A.」発足イベント開催

白洲迅、加藤諒、永田崇人らキューブの若手俳優が大集合 サポーターズクラブ「C.I.A.」発足イベント開催

キューブ若手俳優サポーターズクラブ「C.I.A.」発足イベントより。撮影/桜井隆幸

 生瀬勝久、古田新太、藤木直人、いきものがかりなどが所属する芸能プロダクション「キューブ」が、次世代を担う若手俳優陣のサポーターズクラブを発足。17日に東京・CBGKシブゲキ?にて、そのキックオフを記念したお披露目トークイベントが開催され、白洲迅、加藤諒、永田崇人らキューブの若手俳優が一堂に会した。

 トークイベントは同日3回開催され、10代〜20代のキューブの若手俳優たち、延べ総勢19名が登壇するとあって、チケットは争奪戦となり、当日券も長蛇の列で会場に入れなかったファンも数多く見られた。

 マスコミに公開された2回目には、TVドラマ『愛してたって、秘密はある。』『明日の約束』などのドラマや舞台で活躍中の白洲迅、バラエティ・映画・ドラマ・舞台で活躍する超個性派の加藤諒、ハイパープロジェクション演劇『ハイキュー?』音駒高校・狐爪研磨を演じ人気急上昇の永田崇人、ミュージカル『テニスの王子』忍足侑士役としても活躍する井阪郁巳、TVドラマ『弱虫ペダル』出演の木戸邑弥などの若手俳優が集結。

 イベントの冒頭、MCを務めるU.K.(ユーケー)が登場し、一人一人を呼び入れる形で、キャストが登場。加藤諒、白洲迅、木戸邑弥、冨森ジャスティン、金井成大、坂口涼太郎、永田崇人、井阪郁巳が、おしゃれなブラックスーツで壇上に勢揃いし、大きな客席の声援に包まれてイベントはスタート。そして、サポーターズクラブの名称が『Cube Infinity Artists』、略して『C.I.A.』となることが発表される。

 サポーターズクラブの名称には『キューブの無限大の可能性を秘めたアーティスト』という意味が込められており、 今後はそれぞれ俳優として個人活動をすると同時に、C.I.A.メンバーとしても多様な活動していく。イベントやライブなど、これからもファンを楽しませる企画を開催し、よりファンとの距離を近く、ともに盛り上がれる楽しい場を創っていきたいとのこと。

 その後、イベントはゲームタイムに突入し、ジェスチャーゲームを実施。“公園であまり好きではない子から、好きと告白をされた時のなんとなくの「好き」”という複雑なお題を、パントマイムを交えて表現豊かにジェスチャーした坂口と、すぐ正解した木戸に歓声と拍手が起きたり、永田が“バイト先で仲間からバレンタインチョコを渡される”というジェスチャーで演じ、白洲が当てるなど、それぞれの発想と勘の良さや仲の良さなども伝わる、ファンの気持ちをくすぐるコーナーとなった。
 
 ゲームが終わると、舞台上には、これからの活動が期待されるまだキャリアの浅いメンバー、花塚廉太郎、中谷優心、市川理矩、村上貴亮、神田聖司、渋谷樹生、渋谷龍生、林勇輝、安田啓人、菊池銀河もそれぞれの個性が光るブラックスーツで登場し合流。そして総勢18名が並び、ファンも撮影OKのフォトセッションが行われ、会場中で一斉にシャッターが切られた。

 最後にメンバーを代表して、白洲が「キューブの若手俳優をより知っていただける場ができて本当にうれしく思いますし、こんなに応援して下さる方が沢山いることがとても嬉しいです」と語り、「これからも僕ら一人一人が皆さんのお目にかかれるように、力を尽くして、刺激し合いながら、チームとして協力をして頑張っていけたらと思います」と決意を新たにする。さらに「これからもC.I.A.を見守って頂けたら嬉しいです。本日はご来場ありがとうございました」と挨拶し、ファンへの感謝と、これからのC.I.Aの活動への意欲をみせた。

 今後のC.I.A.メンバーのイベントとしては、12月26日に川原一馬、冨森、金井がトークイベント「□シカク イベント#1〜冬。やってきました〜」を開催。来年3月24、25日には井阪と阿久津仁愛という“テニミュコンビ”によるイベントを渋谷で開催。さらに、来年3月26日代々木・山野ホールにてC.I.A.としてのイベントが開催される予定とのこと。

関連記事(外部サイト)