古瀬絵理、ママぶりアピールも写真集“ラスト”は撤回?「自分の体と相談」

古瀬絵理、ママぶりアピールも写真集“ラスト”は撤回?「自分の体と相談」

写真集“ラスト”は撤回?した古瀬絵理アナ (C)ORICON NewS inc.

 「スイカップ」の愛称で知られるフリーアナウンサーの古瀬絵理(39)が19日、都内で行われた旅チャンネル4Kシリーズ『ヨーロッパトレッキング紀行』記者会見に番組サポーターとして出席した。山歩きが趣味の古瀬は現在、息子や夫とアウトドアを楽しんでいるといい「息子が3歳のときに高尾山に登って、一度も抱っこ、おんぶと言わずに降りました。ガッツがある」と親ばかぶりを発揮。「1年生か2年生になったら富士山に登ると話しているんですけど登り切れるかな。私が体力をつけないと」と楽しみにしていた。

 息子を出産後、家族でキャンプに出かけることも多くなったそうで、「子供にも自然のなかで遊んで虫も触れて土まみれになって、自然のなかで大人になってほしい。子供と一緒にアウトドアで成長したい」と教育方針を告白。5歳になった息子については「まだまだ抱っこしますね。4月から小学生なんですけど、友達の前だとすかすようになった。抱っこしてても『降りる』とか…うれしくて寂しいです」と、複雑そうにしつつもその成長を実感していた。

 また、今年6月には自身“ラスト”と謳った写真集を発売した古瀬だが、夫がキャンピングカー購入に憧れを抱いていることから復活を期待されると「そのために稼がなきゃだめですかね?」と苦笑。「富永一朗さんの描く女の人の胸にならなければやってもいいですけど…果たして皆さんが観たいかどうか。自分の体と相談します」と話していた。

 同番組は初回はフランスのシャモニー・モンブラン、第2回ではスペイン・バルセロナでののんびり山歩きを楽しむ姿を美しい映像とともに送る。♯1は24日午後8時から放送。

関連記事(外部サイト)