土屋太鳳、バレエ番組『バレエ☆プルミエール』の映像で舞う

土屋太鳳、バレエ番組『バレエ☆プルミエール』の映像で舞う

土屋太鳳が、バレエ情報番組『バレエ☆プルミエール』(WOWOW)の冒頭とエンディングに流れる映像に出演。

 女優・土屋太鳳が、バレエ情報番組『バレエ☆プルミエール』(WOWOW)に、出演することが決定。番組冒頭とエンディングに流れる映像の撮影が、都内のバレエスタジオで行われた。

 『バレエ☆プルミエール』は、大貫勇輔と本田望結が進行役を務める、国内・海外のバレエ情報番組。最新の公演情報やバレエニュースに加え、今、絶対に見ておきたい注目ダンサーの紹介、バレエメソッドを活用したトレーニングの紹介など、オリジナリティのある番組創りが人気を博している。

 今回冒頭映像に出演する土屋は、3歳からクラシックバレエと日本舞踊を習い始め、“踊ること”を特技として、ダンスのキレの良さも度々話題となる女優。今回の映像は、誰もいないダンススタジオにやってきた土屋が、久しぶりのスタジオの感触を確かめながら、やがて自分でも軽く身体を動かしてみる…という内容。ブルーを基調とした清廉な映像がストイックな印象を醸しだす。

 撮影中、監督の指示にまっすぐなまなざしを向け、その要求に的確に応えていく土屋。撮影の待ち時間にも、スタジオの隅で踊りを確かめる姿も。それは映像内のストイックな女性が乗り移っているかのようにも見えた。この映像は、12月24日放送の『バレエ☆プルミエール』から登場する。

■土屋太鳳インタビュー

――土屋さんがバレエをしていて一番楽しいと思うポイントは? また、バレエを見るときに注目するとより楽しめるポイントがあれば教えてください。

土屋「バレエの練習自体は本当に厳しいと思うのですが、その厳しさの中にさえ輝きを感じる点がとても好きです。たとえば練習着もシューズも、使うものは全て何かどこかが美しくて、その美しさが練習で変化したとしても素敵な愛着に変わりますし、体の動きにしても、立ち姿でさえバレエに出会わなければ出会えないものかもしれません。そんな感じで、ちょっとしたことから本番の舞台の上まで、関わるもの全てに『バレエ』という美しい魔法がかかっているようで、とても魅力的だと思います。楽しみ方は本当にたくさんあると思いますが、踊るにしても観るにしても、まずは『バレエの魔法』に酔いしれてしまうことが、最初の、そして最高の一歩ではないかなと思います。また、ダンサーの方によって、役への解釈や表現の仕方が全くと言っていいほど違うので、その点に注目するのも楽しいのではないかなと思います」

――気になるバレエダンサーはいますか?

土屋「熊川哲也さん、宮尾俊太郎さん、アダム・クーパーさん、ジリアン・マーフィーさん。それぞれ心惹かれる理由は違いますが、とても素敵な方々だと思います」

――今日の収録を終えてみて、いかがでしたか?

土屋「やっぱりバレエは最強だと思いました。何が最強かは分からないのですが、ただただ素直に、その言葉が心に浮かびました。先程も申し上げましたが、バレエは、踊る人にも観る人にも深い魔法をかける不思議な存在だと思うのです。そして特に踊る人にとっては、どのジャンルのダンスにも繋がる万能の扉のような存在ではないかと、あらためて実感しました」

関連記事(外部サイト)