北野武監督、映画賞“特別賞”にぼやき連発「3部作を作ってようやく1個」

北野武監督、映画賞“特別賞”にぼやき連発「3部作を作ってようやく1個」

『第42回 報知映画賞』の特別賞を受賞した北野武監督(C)ORICON NewS inc.

 北野武監督(70)が映画『アウトレイジ』3部作で『第42回 報知映画賞』の特別賞を受賞し、20日、都内で行われた授賞式に参加。最新作だけでなく、シリーズでの受賞にぼやき、毒ガスを噴射しまくった。

 北野監督は壇上で賞状やブロンズを受け取り、にっこり。その後はステージ上で言いたい放題の漫談がスタートした。「特別賞という、よく訳のわからない賞をいただきました。作品賞とか監督賞なら意味は分かるんですけど、特別賞はしょうがないからやろうかという気がしないでもない」とさっそくの毒ガス。一方で「もらえるものは病気だってもらうタイプですから、非常にありがたい」と感謝も忘れなかった。

 そして、同賞は今年公開された最新作『アウトレイジ 最終章』ではなく、『アウトレイジ』3部作での受賞。「3部作を作って、ようやく1個もらった。悲しい映画界の現実を、ひしひしと感じております」とぼやきを連発。暴走状態に突入し、最後は「席についたら寿司のマズそうなこと。そばの取りようがないこと。なんで焼き鳥があるのか分かりませんが報知の素晴らしい演出だと思って、ありがたいと思ってます」とまくし立て、会場を笑わせた。

 また、同シリーズに出演するピエール瀧が花束プレゼンターとして登場。「たけしさんの後で、だいぶハードルが上がっている」と頭を抱えつつ「席に着きましたら、横に北野武という札がありまして、その横に坂本龍一という札があった。1980年代に青春を過ごした僕にとっては夢のよう。さっき、坂本龍一さんにビールをお酌してもらって、何が起きているのかわからない」と巨匠が居並ぶ席次に感謝。また、映画については「物騒な現場に思えるかも分かりませんが、実際は紳士的で機能的に理路整然と進んでいく。こういう映画の撮り方もあるんだと非常に勉強させていただいた」と裏話を明かして、北野監督を祝していた。

 裏社会の男たちの抗争を描き人気を集めた『アウトレイジ』シリーズ。今年は5年ぶりの新作の『アウトレイジ 最終章』が公開され、北野監督が“ビートたけし”名義で演じる昔気質のヤクザ・大友を中心として、男たちの暴走と、その裏にある悲哀が重厚に描かれた。

受賞作、受賞者一覧
■作品賞・邦画部門:『あゝ、荒野』(岸善幸監督)
■作品賞・海外部門:『美女と野獣』(ビル・コンドン監督)
■アニメ作品賞:『SING/シング』(ガース・ジェニングス監督)
■主演男優賞:菅田将暉/『キセキ ―あの日のソビト―』『帝一の國』『あゝ、荒野』『火花』
■主演女優賞:蒼井優/『彼女がその名を知らない鳥たち』
■助演男優賞:役所広司/『関ヶ原』『三度目の殺人』
■助演女優賞:田中麗奈/『幼な子われらに生まれ』
■監督賞:三島有紀子監督/『幼な子われらに生まれ』
■新人賞:北村匠海/『君の膵臓をたべたい』
■新人賞:浜辺美波/『君の膵臓をたべたい』
■特別賞:北野武監督/『アウトレイジ』3部作
■特別賞:スティーブン・ノムラ・シブル監督/『Ryuichi Sakamoto:CODA』

関連記事(外部サイト)