E-girlsの“ツインタワー”楓&佐藤晴美、ファシオ新キャラクターに決定

E-girlsの“ツインタワー”楓&佐藤晴美、ファシオ新キャラクターに決定

「E-girls」の楓(上)と佐藤晴美(下)が、コーセー「ファシオ」新イメージキャラクターに抜擢。

 “ツインタワー”の愛称で親しまれている「E-girls」の楓と佐藤晴美が、株式会社コーセーのブランド「ファシオ」の新イメージキャラクターに起用されることが決定した。

 アーティストとしてだけでなく、それぞれ『CanCam』、『Ray』の人気ファッションモデルとしても大人気の2人。ファシオのコンセプト「キレイ、ずっと、つづく。ファシオ」を表現できるキャラクターが今回の抜擢の理由だ。

■楓(E-girls/Happiness) プロフィール
1月11日生まれ 神奈川県出身。2008年にHappinessの結成メンバーとして選出。デビュー前よりEXILEのライブツアーやミュージックビデオ、さらにミスタードーナツのCMに出演し、2011年2月『Kiss Me』にてデビュー。デビュー後、EXILEのD.N.Aを受け継ぐ、本格的なダンスパフォーマンスを展開するガールズ・エンタテインメント・プロジェクト”E-girls”としても活動を開始。2013年7月からは雑誌『CanCam』の専属モデルを務め、サマンサミューズのメンバーとしても活動。2014年にはE-girls初主演ドラマ『恋文日和』で演技にも挑戦し、同年4月にドラマ『SHARK 2nd season』にてヒロイン役に抜擢。2017年8月には初の写真集「ねぇ、聞いて!!」をリリースしている。

■佐藤晴美(E-girls/Flower) プロフィール
6月8日生まれ 山形県出身。2011年『EXILE Presents VOCAL BATTLE AUDITION 3 〜For Girls〜』で選出され、パフォーマーとしてFlowerに加入、同年『Still』にてデビュー。デビュー後、EXILEのD.N.Aを受け継ぐ、本格的なダンスパフォーマンスを展開するガールズ・エンタテインメント・プロジェクト”E-girls”としても活動を開始。8頭身ある日本離れしたスタイルを生かしたダイナミックなパフォーマンスは、見る人を圧倒。2014年 E-girls初主演ドラマ『恋文日和」にて第8話の主演を務め、昨年公開した映画『HiGH&LOW THE MOVIE』にも出演。2017年8月に初の写真集『ハルミイロ』を発売、モデルとしても活動中。 

関連記事(外部サイト)