ANZEN漫才、高齢者詐欺防止ムービーで息子役、詐欺師役を熱演

ANZEN漫才、高齢者詐欺防止ムービーで息子役、詐欺師役を熱演

ANZEN漫才・みやぞんが高齢者詐欺被害防止WEB動画でオレオレ詐欺に遭う高齢女性の息子役を熱演

 お笑いコンビのANZEN漫才が、政府広報(警察庁・金融庁)が実施する高齢者詐欺被害防止キャンペーンとして制作したWEB動画『母との約束』篇に出演している。みやぞんがオレオレ詐欺に遭う高齢女性の息子役、あらぽんがその母を騙そうとする詐欺師役を熱演。そのストーリーが「感動する」と話題になり、公開9日間で100万回再生を突破した。

 今動画は、政府広報が高齢者詐欺被害防止啓発として「親子間の会話を増やすこと」や「周囲の見守り強化」を呼びかけるWEB動画。詐欺を防ぐ方法として家族同士で交わす「約束」を紹介している。ストーリーは、みやぞん演じる息子が久しぶりに実家に帰ると、嬉しそうに母が出迎えるところからスタート。かいがいしく世話を焼いてくれる母親を相変わらずだと思いつつも、大音量のテレビや物忘れ防止のメモ、腰の不調で「年を取ったんだな…」と実感したみやぞんは「どこか温泉行こうか?」と提案。そして、喜ぶ母に「それを約束にしよう」ともうひとつの提案をする。その約束が合言葉となり、あらぽん扮するオレオレ詐欺師の演技に騙されないで済むという内容だ。

 最後は「詐欺から守ってくれたのは、家族の約束でした」というタイトルと、「ペットの名前を聞く」「中学のときの部活を聞く」「用事がなくても電話する」などの様々な家族の「約束」がエンドロールのように流れる。そして、温泉旅行に出かけるみやぞんと母の姿が映り、見終わった後に「久しぶりに家族に連絡してみよう」と思わせる作品となっている。

 また、キャンペーンサイトではメイキングムービーも公開。トレードマークの笑顔を見せながらスタッフや共演者と和気あいあいと撮影する姿や、「朝早くからありがとうございます」「遅くまでご苦労様でした」などスタッフを気遣う姿も見られ、今や超売れっ子となった2人の人柄も垣間見ることができる。そして、撮影終了後のインタビューでは、あらぽんは祖母が訪問販売で高額の買い物をしてしまった例を挙げ「コミュニケーションが大切」と呼びかけ、みやぞんは撮影現場の和やかな雰囲気に「自分の家にいるような気分になりました」「1回、実家に帰ろうと思います」と撮影の感想を語った。

 WEB動画『母との約束』篇、は政府広報オンライン高齢者詐欺被害防止特集サイトで公開中。

関連記事(外部サイト)