ゴールデンボンバー、スーパーライブの生放送で「女々しくて」“初”生演奏に挑戦

ゴールデンボンバー、スーパーライブの生放送で「女々しくて」“初”生演奏に挑戦

12月22日放送、テレビ朝日系『ミュージックステーションスーパーライブ2017』で「女々しくて」の生演奏に初挑戦するゴールデンボンバー(写真提供:テレビ朝日)

 エアーバンドとして活動しているゴールデンボンバーが、22日に千葉・幕張メッセから生中継で放送されるテレビ朝日系『ミュージックステーション スーパーライブ2017』(後7:00〜11:10※4時間完全生放送)で、代表曲「女々しくて」の生演奏を初めて披露することが決定した。初めての演奏が、生放送という、前代未聞の離れ業に挑む。楽器を持ってステージに立つ歴10年の実績を信じ、奇跡を起こせるのか? 2度と見られないかもしれない、ゴールデンボンバーの生演奏パフォーマンスに注目だ。

 同曲披露は5年連続となるが、ゴールデンボンバー史上初となる「女々しくて」生演奏の依頼は盲点だった。メンバーはさっそく、放送事故を防ぐため自主練開始。ギター担当の喜矢武豊はこの企画が決まってからネットで楽譜を探し、歌広場淳は弦が張られた音の出るベースを持ち、樽美酒研二はスネアドラム一個で基礎練習を始め、それぞれに準備を整えているという。

 最近は、「本当は弾けるんでしょ?」という声が世間で増え、「僕らのエアープレイがうまくなってきているんだなぁと感じている」という樽美酒は、「長年のエアーで培ってきた自分の感覚を信じ、才能を思う存分発揮したら、ひょっとしたら奇跡が起こるんじゃないか?と、僕は期待しています!」と前向き発言。

 それを聞いて最初は「何かしらの事故が起こる」と不安がっていた喜矢武も、「楽器を持ってステージに立つことは10年以上やっていますからね。もしかしたら、めちゃめちゃうまい可能性もあるかも。イケる気がしてきた(笑)」と気持ちをリセット。その可能性について歌広場は「0.1%くらいか? 赤ちゃんがオリンピック選手になる可能性の方がまだ高い」としながらも、まんざらでもない様子。

 初めての生演奏&生放送の結果次第で、某局の大みそかの大型音楽番組への滑り込み出演オファーにも期待を寄せる。ボーカルの鬼龍院翔は、「僕はいつも機械と歌っているので、人間と合わせるのが実は苦手なんですよね。心の底からメンバーを信用していないし…」とボソリ。それでも、「やってみたら新たなグルーブが生まれるかも!」(喜矢武)、「これをきっかけに信頼が築けるかもよ!」(樽美酒)などと盛り立てられ、「(スーパーライブでの生演奏を見て)NHKからオファー来る? 滑り込みで、やっぱりお願いしますって?」と胸をときめかせていた。

 そんな鬼龍院は、本番への意気込みについて、「テレビは嘘をついちゃいけないから、現場でのリハーサルも触りくらいにして、本当に演奏するのは本番まで取っておきます。生放送の瞬間にテレビの前の皆さんも僕らも、その結果がわかるということとなっております!」と生演奏に挑む覚悟を堂々と宣言。あすの夜、「本当は弾けるんでしょ?」の声に、ゴールデンボンバーが嘘のない生演奏で答える。

関連記事(外部サイト)