東京五輪・パラ開閉会式 総合演出チームに椎名林檎ら8人

東京五輪・パラ開閉会式 総合演出チームに椎名林檎ら8人

東京五輪・パラリンピック「4式典総合プランニングチーム」メンバーに選出された椎名林檎

 2020東京オリンピック・パラリンピック組織委員会は20日、開会式と閉会式の式典基本プランを作成する「4式典総合プランニングチーム」を設置することを発表した。シンガー・ソングライターの椎名林檎、『ALWAYS三丁目の夕日』などを手がけた映画監督・山崎貴氏ら8人が選出された。

 開閉会式の基本コンセプトは「平和」「共生」「復興」「未来」「日本・東京」「アスリート」「参画」「ワクワク感・ドキドキ感」。東京五輪開会式からパラリンピックの閉会式まで4つの式典を一連の「4部作」ととらえ、(起)オリンピック開会式 (承)オリンピック閉会式 (転)パラリンピック開会式 (結)パラリンピック閉会式の起承転結となるよう、メリハリをつけて構成していく。

 まずは4式典全体のプラン・ストーリーを作成するため、「4式典総合プランニングチーム」を結成。メンバーとして前出の椎名、山崎氏のほか、狂言師の野村萬斎、映画『君の名は。』などのヒット作をプロデュースした川村元気氏、Perfumeや星野源「恋」の振付などを手がける演出振付家・MIKIKO氏、クリエイティブディレクターの栗栖良依、佐々木宏、菅野薫の三氏の計8人が選出された。

 総合プランニングチームチームの人選は、「映像とストーリーを統合できる人材」「日本・東京の伝統を演出できる人材」「共生・パラリンピックを表現できる人材」「内外の評価を得たリオ五輪のハンドオーバーセレモニーのチームの知見の活用」の観点から行われた。

 同チームは2018年夏頃をめどに、4式典全体で発信するメッセージ・ストーリー、各式典それぞれで展開するメッセージの基本プランをとりまとめ、その後、4式典の監督を選定する。

■東京 2020 開会式・閉会式 4式典総合プランニングチーム
川村元気(映画プロデューサー/小説家)
栗栖良依(クリエイティブプロデューサー/ディレクター)
佐々木宏(クリエイティブディレクター)
椎名林檎(演出家/音楽家)
菅野薫(クリエイティブディレクター/テクノロジスト)
野村萬斎(狂言師)
MIKIKO(演出振付家)
山崎貴(映画監督)
※50音順、敬称略

関連記事(外部サイト)