要潤、月9初レギュラー出演 イケメン運転手役に「正直、似ている」

要潤、月9初レギュラー出演 イケメン運転手役に「正直、似ている」

来年1月スタートのフジテレビ系連続ドラマ『海月姫』で謎の運転手・花森を演じる要潤 (C)フジテレビ

 俳優の要潤が、来年1月スタートのフジテレビ系連続ドラマ『海月姫』(毎週月曜 後9:00)で“月9”枠に初のレギュラー出演を果たすことがわかった。要が演じるのはイケメンで謎に満ちた運転手の花森よしお。“毒舌”の恋愛指南で主人公の倉下月海(芳根京子)や“女装美男子”鯉淵蔵之介(瀬戸康史)、そして“童貞エリート”鯉淵修(工藤阿須加)のややこしい三角関係に大きな影響を与える…という役どころに起用された。

 人気漫画家の東村アキコ氏による、累計発行部数440万部超えを誇る大ヒット同名作が原作にクラゲを愛しすぎてしまった筋金入りの “クラゲオタク女子”月海が自分には一生縁がないと思っていた恋を知り、新しい自分を見つけていく“シンデレラ・コメディー”。

 花森よしおは蔵之介と修兄弟の父で大物政治家・慶一郎に雇われた鯉淵家専属の運転手。常にダークスーツを身にまとい表情を変えることなく職務に徹しているが高級車レクサスと美しい女性たちをこよなく愛するクセモノなキャラクター。完璧な容姿とテクニックで多くの女性を落とした経験から独自のアドバイスを送る。

 オファーを受けた要は「原作も映画も大ヒットしているので、とても光栄に思いました」と喜び、原作を読んで「正直、似ているな、と。体型も髪型もそっくりだな、と感じました。これは滅多にないチャンスですし、この役は僕にしか出来ないと思いました」と自信満々。

 個性的な花森を演じきるべく、「似ている部分が多いので、逆に演じる部分が多い方がキャラクターとしては良いかと思っています。せりふの節々や、動作を作り込んで行くことを課題にして、全体の作品の中に良いエッセンスを加えられたらと思います」と意欲をみせている。

関連記事(外部サイト)