脳みそ夫、話題の体操曲で来春メジャーデビュー 爆笑問題とのギャグ動画公開

脳みそ夫、話題の体操曲で来春メジャーデビュー 爆笑問題とのギャグ動画公開

脳みそ夫、話題の体操曲で来春メジャーデビュー

 ピン芸人の脳みそ夫(37)が、自身が作詞・作曲を手がけた「脳みそ夫体操」で来春メジャーデビューすることが決定した。「推しギャグである“脳みそ夫コンボ”を1000人と踊ることができたら、レコード会社とアーティスト契約を結ぶことができる」との条件を見事に達成し、念願のメジャーデビューを果たす。

 中高生の間で話題を呼び、ショートムービー配信アプリ「TikTok」で、同曲をベースにした動画が約4万件投稿されるなど、じわじわとブレイクの兆しを見せている「脳みそ夫体操」。今回の挑戦では、ハロウィンで賑わう渋谷や若者の聖地・原宿にも果敢に繰り出し、自らが出演するライブやイベントでも来場客と一緒に“コンボ“を踊りながら、約1ヶ月間かけて目標の1000人に近づいていった。

 プロジェクトの締めくくりとして、998人目から1000人目までの撮影では「所属事務所タイタンの恩人・太田光代社長と、事務所のそして芸人としても大先輩である爆笑問題・太田光、田中裕二の3人と踊る」という厳しいチャレンジを敢行。持ち前の愛嬌と“どこか助けてあげたくなるようなかわいいキャラクター”を武器に協力を仰ぎ、見事これをクリアした。

 3人と一緒に「脳みそ夫コンボ」を踊る様子は、YouTubeにて公開中のドキュメンタリー映像「脳みそ夫メジャーデビューへの道〜みそチャレプロジェクト〜」シリーズの最新話として公開されている。

関連記事(外部サイト)