遠藤保仁&小野伸二&中澤佑二、難関FK企画で日本代表以来のタッグ

遠藤保仁&小野伸二&中澤佑二、難関FK企画で日本代表以来のタッグ

日本テレビ系元旦特番『ウルトラマン DASH』のフリーキック企画で遠藤保仁・小野伸二・中澤佑二が日本代表以来のタッグ (C)日本テレビ

 元サッカー日本代表の遠藤保仁、小野伸二、中澤佑二が、来年1月1日放送の日本テレビ系元旦恒例特番『ウルトラマンDASH』(後6:00)に出演し、名物『フリーキック』企画に挑戦することがわかった。サッカー界のレジェンドである3人が2006年のドイツワールドカップ以来約12年ぶりのタッグを結成して奇跡のゴールを目指す。

 これまでも中村俊輔や 清武弘嗣らによって行われてきた同企画では、街中でボールをバスの窓へ蹴りこむ奇跡のような映像を届け、イギリスの一流誌『メトロ』でも報じられたほどその神業で視聴者を驚かせてきた。今回は過去最高の難易度を誇り、3人の名手によるチームワークとテクニックが必須となる。

 舞台は桜の名所・目黒川。自転車に乗った少年サッカーチームの監督・大杉漣が荷台から落とした一つのボールを、通りがかったTOKIO長瀬智也のアイディアのもと、3人の選手が大杉監督のもとへと届ける。

 まず目黒川を挟んで対岸の選手にピンポイントパス、パスを受けた対岸の選手が川沿いを高速ドリブルで駆け上がり、さらに対岸の選手にピンポイントクロスでボールを届け、最後はヘディングで自転車のカゴにゴール…。目標物は 猛スピードで川沿いを走る自転車の荷台、しかし幅30メートルの川、通行人、自転車、ガードレールなどの障害物を避けて100メートル先を走る自転車に ボールを届けるという難関ミッションに“天才的戦術眼の司令塔” 遠藤、“世界がうなった神の足” 小野、“日本が誇る 爆裂ボンバーヘッド” 中澤が挑む。

関連記事(外部サイト)