梅沢富美男、長女の婚約を報告 最初は反対も次女説得で承諾「気持ちのいいお兄ちゃん」

梅沢富美男、長女の婚約を報告 最初は反対も次女説得で承諾「気持ちのいいお兄ちゃん」

長女の婚約を報告した梅沢富美男 (C)ORICON NewS inc.

 俳優の梅沢富美男(67)が23日、東京・SHIBUYA 109で行われた『auピタットキャラバン スペシャルX'masステージ』に登場。歌手の小林幸子(64)と共に、同社のCMソング「愛の歌」をデュエットで歌唱した。

 休日の渋谷とあって多くの通行人が足を止め、人だかりができるほど大盛り上がり。歌い終えた小林が「こういう場で歌うのは初めて。でも素晴らしい景色でした」とほほ笑むと、梅沢は「ここ(SHIBUYA 109)の前に立つのも初めて。ここに来ちゃいけないジジイですよ」と、笑い飛ばしていた。

 また、イベントになぞらえて「○○愛」を問われた梅沢は「娘愛。25歳の長女に男ができた。『婚約したい』と言われて、最初は反対していた」と切り出した。

 当初は反対ムードだったようだが「次女が『世の中で一番、お父さんにしたくない人なんだから、それでもお話してきた男性は根性あるじゃない』という一言で許しました」と、笑いながら経緯を説明。報道陣の囲み取材では「俺とは全然違うタイプ。優しく気持ちのいいお兄ちゃん」と笑顔で明かしていた。

関連記事(外部サイト)