井浦新が過去の苦悩明かす「芝居から身を引いたときがあった」

記事まとめ

  • 井浦新が23日、都内で行われた映画『二十六夜待ち』初日舞台あいさつに出席した
  • 井浦が数年芝居から身を引いた時もう1度引っ張り出したのが越川道夫監督だったという
  • 同作は、佐伯一麦氏の同名小説を『アレノ』の越川道夫監督が映画化した恋愛ドラマ

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております