天山広吉『三匹のおっさん』正月SPで“最凶”敵役「プロレスの試合より緊張した」

天山広吉『三匹のおっさん』正月SPで“最凶”敵役「プロレスの試合より緊張した」

テレビ東京系新春ドラマ『三匹のおっさん スペシャル』に出演する天山広吉 (C)ORICON NewS inc.

 テレビ東京系新春ドラマ特別企画『三匹のおっさん スペシャル』(来年1月2日 後9:00〜11:15)の完成披露会見が24日、都内で行われ、俳優の北大路欣也、泉谷しげる、志賀廣太郎が出席。会見終盤には“最凶”の敵役をプロレスラー・天山広吉が演じることが発表された。

 同局系金曜8時のドラマ枠で、2014年1月、15年4月、17年1月と3シーズンにわたって放送された同シリーズは、元悪ガキ3人で結成した私設自警団“三匹のおっさん”が町内の悪を成敗する痛快ドラマ。今作では、シリーズ初の地方ロケを敢行し、栃木・日光の観光名所で“三匹”が大活躍する。

 見どころでもある殺陣シーンもパワーアップ。「プロレスファン」と公言している北大路は、天山との共演を「そばにいられるだけで興奮しました。いろいろ昔から今のプロレスの話を聞かせてもらった」と共演を楽しんだ様子で、泉谷も「サインがずっとほしかった。(会見が)終わったらお願いしますね、ファンなもんで」と笑顔で語りかけた。

 北大路らと和気あいあいとした雰囲気でトークした天山は「いっぱいお話させていただきましたし、親切にアドバイスを頂いて、無事に撮影することができました」と感謝。本格的なドラマ撮影は今回が初だといい「普段のプロレスの試合より緊張した」と、はにかんでいた。

関連記事(外部サイト)