吹石一恵、2年ぶり『朝まで!ドキュメント72時間』出演

吹石一恵、2年ぶり『朝まで!ドキュメント72時間』出演

12月29日深夜、NHK総合でオールナイト放送『朝まで!ドキュメント72時間 2017』吹石一恵が出演(C)NHK

 ひとつの場所に3日間、定点観測で日本中の小さなドラマを映し出すNHKのドキュメンタリー番組『ドキュメント72時間』(毎週金曜 後10:50〜11:15)。2006年10月〜07年3月にレギュラー第1期、13年4月からレギュラー第2期が放送中。そして、年末恒例となっているオールナイトの再放送を今年も実施。『朝まで!ドキュメント72時間 2017』と題し、総合テレビで29日(後11:45〜深4:30)に放送される。

 今年、放送されたおよそ40本の中から「もう1度見たい1本」をネット投票してもらい、ランキング形式で紹介していく。出演は、番組ファンを代表して、評論家・コラムニストの山田五郎氏と、放送作家の鈴木おさむ氏、そして長年番組のナレーションを担当してきた女優の吹石一恵。スタジオでベスト10の作品をじっくり鑑賞しながら、取材のこぼれ話や「出演者や現場のその後」を紹介。さらに今年、放送後の反響が大きかった場所で、シンガー・ソングライターの松崎ナオがテーマ曲を熱唱する。

 今年、7本のナレーションを担当した吹石は、「スペイン・カナリア諸島漁師たちの短いバカンス」の回が印象に残っているといい、「大西洋の島で、日本のマグロ漁師さんたちに出会うのですが、普段食べているマグロがどうやって私の口までたどり着くのか、いかに大変な思いをして漁をしているのか、たくさん発見がありました」とプッシュ。また、東京・福生市で30年以上続く夏のフェスを追った「基地の町大人のロックフェス」の回もナレーション原稿を「いつも以上に楽しく読めました。とにかく熱い人たちが多く、ずっと現場に音楽が流れていたのもあって、リズムに乗りながら読めたのが新鮮でした」と振り返った。

 『朝まで!〜』の出演は2年ぶり。「テレビの前でずっと見ていたせいか、ブランクはあまり感じず、自然にスタジオに入ることができました。共演者の山田五郎さんと鈴木おさむさんも、親戚みたいな居心地のよさで迎えてくださったので、一緒にコタツで番組を見るような雰囲気でお話させていただきました。楽しくてリラックスしすぎてしまい、自分がどんな顔でテレビに映っているのかちょっと心配です(笑)。番組は深夜の放送なので、かしこまってというよりは、だらだら食べたり飲んだりしながらおつきあいいただければうれしいです」と視聴を呼びかけている。

関連記事(外部サイト)