『陸王』最終回で初の大台超え20.5% 振り返りダイジェスト×2の超編成で有終

『陸王』最終回で初の大台超え20.5% 振り返りダイジェスト×2の超編成で有終

TBS系連続ドラマ『陸王』メインキャスト(左から)ピエール瀧、上白石萌音、山崎賢人、役所広司、竹内涼真、小籔千豊(C)ORICON NewS inc.

 TBS系日曜劇場『陸王』(毎週日曜 後9:00)の第10話(最終回)が24日に放送され、世帯平均視聴率20.5%を記録した。10月15日に初回14.7%でスタートして以来、初の大台20%越えで有終の美を飾った。全10話の平均は同16.0%だった(視聴率はすべてビデオリサーチ調べ、関東地区)。

 同ドラマは人気作家・池井戸潤氏の『陸王』(集英社)を実写化。主人公で創業100年以上続く老舗足袋業者「こはぜ屋」四代目社長・宮沢紘一(役所広司)が、足袋製造でこれまで培った技術が活かせる「裸足感覚」を追求したランニングシューズ『陸王』の開発に乗り出す企業再生ストーリー。役所や寺尾聰、志賀廣太郎らベテラン俳優に、山崎賢人や竹内涼真、上白石萌音など旬の若手俳優、さらに阿川佐和子、松岡修造、故・緒形拳さんの孫である緒形敦ら、バラエティー豊かなキャスティングも話題に。ライバル会社の“悪役”は、ピエール瀧、小籔千豊が熱演した。

 最終回には、マラソン中継の解説者として増田明美、山崎演じる大地が就職活動で最終面接を受ける「メトロ電業」企画部長・桐山役で瀬古利彦といった、マラソン界のレジェンドも出演し、華を添えた。

 物語は、買収の危機から、こはぜ屋の暖簾と社員を守った宮沢。ライバル会社のマラソンシューズ「RII」を履いて豊橋国際マラソンのリベンジマッチに挑もうとする茂木。両者の挑戦がシンクロしながら、大団円を迎えるまでがドラマチックに、テンポよく展開していった。分単位の視聴率では、終盤に最高値23.1%を計6回(後10:10、10:11、10:13、10:14、10:15、10:16)マークし、番組全体の平均値を押し上げた。

 また、この日は、午後2時から4時半まで、『今夜、ついに最終回!「陸王」が皆んなの未来を救う!「陸王」SPダイジェスト!』を放送し、こはぜ屋の従業員・あけみ役の阿川のナレーションで、第1話からの紆余曲折を振り返り。番組平均視聴率は4.6%だった。

 午後7時からも『今夜、ついに最終回!! 緊急特別ドラマ企画「陸王」〜最終章〜』と題し、第1話から第9話までのダイジェストに、「あのシーンの裏では実はこんな出来事が起こっていた!?」という撮り下ろしのスピンオフエピソードを交えて放送。本編では絡むシーンがなかった、宮沢の娘、大地の妹・茜(上白石)と茂木(竹内)が、実は出会っていた(それも風で飛んだ茜の帽子を、茂木がキャッチするという超ベタなエピソード)というもの。ナレーションも上白石が務めていた。番組平均視聴率は7.9%だった。

 そして、CMをはさまずに最終回の本編が始まる、という『陸王』超編成。結果、20.5%を獲得できたのだから、こはぜ屋も茂木もTBSもハッピーエンドとなった。

関連記事(外部サイト)